menu

生活の図書館

ズッキーニを生で美味しく頂く方法~生食でもいけちゃいます~

zucchini-572542_640

夏に旬を迎える西洋野菜ズッキーニ。

太いきゅうりのような見た目ですが、実はかぼちゃの仲間です。

フランスの伝統的家庭料理「ラタトゥイユ」などのように、加熱して食べるのが一般的とされています。

かぼちゃも生では食べませんから、そう考えると納得ですね。

ですがそんなズッキーニ、生で食べることも可能なんです。

今回は生食用のズッキーニの選び方や生食用レシピ、おいしいズッキーニの選び方やズッキーニの栄養についてお教えいたします。

 

【スポンサードリンク】

 

夏が旬のズッキーニ いいズッキーニの選び方や生でおいしく食べる方法をご紹介

 

・ ズッキーニってどんな野菜?

vegetable_zucchini

見た目が太いきゅうりのような野菜ですが、かぼちゃの仲間であるズッキーニ。

原産地はアメリカ~メキシコに渡る地方で、本格的な栽培が始まったのはヨーロッパに伝わった16世紀ごろからだといわれています。

ズッキーニは正確には「ペポかぼちゃ」というかぼちゃの仲間ですが、実は完熟した実を食べるかぼちゃと違い、未成熟な実を収穫して食べます。

歯ごたえや味はなすにとても似ています。

 

 ・ よいズッキーニの選び方

vegetables-331638_640

以前の記事『夏が旬のズッキーニ|実は栄養豊富って知ってましたか?』でも取り上げましたが、よいズッキーニを選ぶ時は

・太すぎない
・ふくらみが均一
・表面に傷がなく皮が柔らかい
・つやがあって色が濃い

 

この4つのポイントに気をつけて選びましょう。

生食用に買う時は特に皮の柔らかさ、色が黄色いというポイントに注目して選ぶとよいです。

 

・ 生食用には黄色いズッキーニを選ぼう

zucchini-958125_640

ズッキーニといえばきゅうりのような緑色のものがよく売られていますが、黄色いものもたまに売られています。

黄色のズッキーニは緑色のズッキーニよりも皮や種が柔らかく、生食に向いています。

サラダなどにする時は黄色のズッキーニを選びましょう。

また買ってしばらくして鮮度が落ちてくると、生食には向かなくなります。

サラダなどを作る場合は買ってきてから早めに調理し、日が経ったズッキーニは加熱して食べるようにしましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

・ ズッキーニを生で食べよう!生食レシピ

salad-849277_640

ズッキーニを生で料理に使う場合は、皮が若干固いので皮をむいて使います。

ピーラーがあればするするむけます。(逆に加熱する時は皮ごと輪切りや、いちょう切りにして使います)

生で食べる時はサラダ和え物がオススメです。

スライサーなどがあれば皮をむいたズッキーニを細いスライス状にして、オリーブオイルと塩やレモンなどで味を整えるだけ簡単なサラダの出来上がりです。

また皮をむいたズッキーニを包丁で薄く輪切りにしてボウルに入れ塩をかけて5~10分おいてから塩を水で流して水分をしぼるとかなりやわらかくなります。

こうしたズッキーニにオリーブオイルをかけるだけでもおいしいのですが、さらにシーチキンゆで卵スライス、トマト、バジル、チーズ、ハムなどと組み合わせるとおいしいサラダになります。

 

・ ズッキーニは栄養豊富!その栄養価をご紹介

-shared-img-thumb-PAK25_kinnikuryouude_TP_V

ズッキーニには主に以下のような栄養が含まれています。

カリウム…体の中の余計な水分を排出する作用があり、むくみが改善する。
β-カロテン…皮膚や粘膜を強くし、乾燥肌や肌荒れを防ぎます。免疫力を高める作用もあるため、風邪をひきにくくなります。
ビタミンC…紫外線によっておこるシミ・そばかすを防ぐ効果があります。
カルシウム…歯や骨を強くする効果があります。
鉄分…貧血改善効果があります。

 

ズッキーニはきゅうりのような見た目ですが、きゅうりよりもはるかに栄養価が高いです。

(補足ですがきゅうりは「世界一栄養のない野菜」としてギネスブックに認定されたことがあるくらい栄養のない野菜です。なんと90%以上が水分という驚きの栄養のなさです。)

とくにカリウムはむくみ改善、心筋梗塞や脳梗塞の予防効果も高いことから、これらのリスクを抱えている方はズッキーニを積極的に食べましょう。

β-カロテンは油と一緒に摂ると吸収率がアップするので、風邪をひきやすい方はズッキーニを加熱して食べた方がよいかもしれません。

そのほかにもお肌の調子を整えるビタミンCや、骨や歯を強くするカルシウム、貧血予防効果のある鉄分など、ズッキーニには実に多くの栄養が含まれています。

 

~まとめ~

・ズッキーニを生食に使う場合は特に「皮が柔らかい」「皮が黄色い」ものが美味しい
・ 皮をむいたズッキーニを輪切りにし、塩となじませる事で食べやすくなる
・ゆで卵やハム、シーチキンなどと合わせてサラダにするのがオススメ
・ ズッキーニは多くの栄養素が含まれており、様々な病気の予防効果も

夏バテしやすい季節にぴったりの栄養素を含んでいるズッキーニ。そうめんのお供にズッキーニサラダを付け加えてみるのはいかがでしょうか?栄養価がぐんとアップしますよ。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031