menu

生活の図書館

2016年いたみ花火大会の開催はいつ?駐車場や穴場スポット情報も

fireworks-74689_1280

大阪府で行われる「なにわの風物詩」として有名な「淀川花火大会」などと比べると規模は小さいですが、十分迫力がある花火大会で伊丹市民はもちろん神戸市民やお隣の大阪府の市民にも愛されています。

今回はそんな「いたみ花火大会」について、2016年の日程やアクセス、見どころに穴場スポット情報などをお届けしていきます。

 

【スポンサードリンク】

 

いたみ花火大会2016 気になる見どころや穴場スポットの詳細

「2016年第36回いたみ花火大会」の日程は2016年8月27日(土)です。

いたみ花火大会は例年8月の第4土曜日に開催されます。

【「第36回いたみ花火大会」開催概要】
開催日時: 2016年8月27日(土)
(荒天時は8/28(日)に延期)
開催時間:20:00~21:00
開催場所:猪名川神津大橋南側河川敷

公式サイト「第36回いたみ花火大会」公式サイト

 

 

「いたみ花火大会」へのアクセス

会場周辺には駐車場がない上、当日は会場周辺の道路では交通規制が行われます。

そのためできれば公共交通機関の利用がおすすめです。

~公共交通機関を使う場合~

最寄り駅は「JR伊丹駅」となります。

または「阪急電鉄伊丹駅」からも行くことができます。

「JR伊丹駅」より徒歩で約10分

「阪急電鉄伊丹駅」より徒歩で約20分

 

~車を使う場合~

上記のように会場はJRの駅からも阪急の駅からもそんなに遠くないので電車で十分いけますが、体が不自由だったり小さい子どもが複数いたり…などの事情があって車で来場したい方もいらっしゃるかと思います。

何年か前に猪名川の東側(イオン伊丹の逆方向)の住宅街にコインパーキングができました。

会場からもそう遠くない場所です。

昔はこのあたりに路駐する車が多かったので、作られたのでしょうか。

(現在は警察やガードマンが何人も警備をしているので路駐はできません。)

ただしここのパーキングは8台しか停められませんので、利用したい場合は花火大会当日の午前中に行って停めて、歩いてイオンモール伊丹まで行って時間をつぶすのがいいと思います。

(ちなみに一日停めても700円ほどです。)

もしもここが満車だった場合は、阪急伊丹駅周辺にわりとコインパーキングがあるのでそこに停めるといいでしょう。

イオンモール伊丹の駐車場に停めるという手もありますが、買い物や映画を利用しないとかなり駐車場料金が高くなる点にご注意ください。

もしも映画鑑賞や買い物の予定があるならこちらを選択肢に入れてもいいですね。

どこの駐車場をご利用されても、花火終了後しばらくは交通規制が行われていますので道路が大渋滞します。

また歩行者や自転車の人もたくさん歩いています。

警察の指示にしたがって、事故などないように気をつけてお帰り下さいね。

(交通規制の実施マップは公式サイトから閲覧することができます。)

 

 いたみ花火大会の見どころ

2016年で36回目になる「いたみ花火大会」。

毎年テーマに沿った仕掛け花火などの演出が大人気です。

2014年には「夢色花絵巻」というテーマを元に、大河ドラマモチーフの花火など様々な趣向を凝らした花火が約5万人の観客に披露されました。

 

2016年のテーマは7月ごろには公式サイトで発表されると思います。

また「いたみ花火」にはある名物花火があるのをご存知でしょうか。

その名も「黄金しだれ柳の重ね咲き」

優美で華麗な、迫力あふれる花火が花火大会のフィナーレを飾ります。

ぜひとも近くで咲き狂う花火を体感していただければと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

 穴場スポットのご案内

「迫力ある花火を近くで体験したい」、そんなときにまず思いつくのが有料席ですね。

ですが「いたみ花火大会」には残念ながら有料席がありません…。

しかし、ご安心下さい。

臨場感あふれる花火を楽しめる定番の場所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで様々なビューポイントをこれからご紹介して行きます。

 

その1.大阪国際空港(伊丹空港)展望デッキ

airport-703500_640

猪名川の東側にある大阪国際空港(伊丹空港)の展望デッキは、何気に知られている定番の鑑賞スポットです。

飛行機と花火というなかなかお目にかかれない組み合わせを楽しむことができます。

花火大会に合わせてイベントも開催されています。

ただし花火大会の開催時間が近づくと入場規制がかかることもありますので、早めに訪れましょう。

車で訪れた場合は次にご紹介する伊丹スカイパークに寄ってみるのもおすすめです。

 

その2.伊丹スカイパーク

大阪国際空港(伊丹空港)近くにある公園伊丹スカイパーク。

広~い敷地に充実した遊具がもりだくさん!

駐車場料金も非常に安く、混雑もないので特に家族連れにはオススメのスポットですね。

昼間たっぷり子どもたちが遊び、レジャーシートで眠ってしまったあとに大人たちが花火を楽しむ…なんてこともできます。

車で来ていれば眠った子どもを連れて帰るのも楽ですしね。

 

その3.神津大橋河川敷両岸

river_00008

いたみ花火大会の定番鑑賞スポット、神津大橋両岸の河川敷。

花火鑑賞には橋の南側が特にオススメ。

場所によっては花火大会の1時間前でもそんなに混雑しておらず、座ってゆったり花火を楽しめます。

 

その4.イオンモール伊丹(ダイヤモンドシティ)屋上駐車場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の駐車場情報の中でイオンモール伊丹の駐車場利用に触れましたが、そのイオンモール伊丹の屋上から花火を鑑賞することもできます。

イオンで買い物予定があるならば選択肢に入れるのもいいですね。

このビューポイントの一番オススメポイントは、「屋上」。

見上げなくても目の前で花火を見ることができるので、首が痛くなりません。

また飲食やトイレに困ることがないのも嬉しいポイントです。

 

~まとめ~

・ 「2016年いたみ花火大会」は2016年8月27日(土)開催です。
・ 最寄り駅は「JR伊丹駅」か「阪急伊丹」になります。
・ 河川敷で花火を見る場合は公共交通で行くのが無難です。
・ 少し離れますが伊丹スカイパークなどには駐車場があります。
・ 毎年テーマに沿った仕掛け花火や「黄金しだれ柳の重ね咲き」が見どころです。
・ 定番鑑賞スポットは「神津大橋河川敷両岸」「大阪国際空港展望デッキ」など。
・ 穴場鑑賞スポットとしては「伊丹スカイパーク」「イオンモール伊丹屋上」などがあります。

「いたみ花火大会」は約3500発の花火が打ちあがり、過ぎ行く夏の締めくくりを華やかに彩ります。

それは人々を元気付け、また新しい季節の訪れを告げる風物詩であります。

ぜひ「いたみ花火大会」を訪れてみて下さいね。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031