menu

生活の図書館

山形大花火大会2016 日程やアクセス、穴場スポット情報をお届け

fireworks-500234_1280

山形県山形市で行われる山形県一の大花火大会「山形大花火大会」

第37回目となる「山形大花火大会 2016」の開催概要が今年も発表されました。

推定2万発もの花火を見に県内外から毎年20万人以上が訪れる、山形県の一大イベントです。

今回はこの「山形大花火大会」の開催概要、アクセス情報、花火大会の見どころ、有料席情報、穴場スポット情報…などなどについて詳しくお教えいたします。

ぜひお出かけの際の参考にしてみて下さい。

 

【スポンサードリンク】

 

会場にはどうやって行く?山形大花火大会2016を楽しむための情報あれこれ

shakadogawa-fireworks-610717_640

山形大花火大会2016の日程は2016年8月14日(日)です。

第37回山形大花火大会(または山形大花火大会2016)開催概要

日程:2016年8月14日(日)
(小雨決行、荒天時中止)
開催時間:19:00~21:00(予定)
開催場所:須川河畔反田橋周辺(山形県山形市下反田周辺)


公式サイト:http://www.hanabi.gr.jp/

 

・ 山形大花火大会の見どころ

fireworks-887844_640

山形大花火大会の見どころと言えば、手筒花火やフィナーレで連発する打ち上げ花火などなどたくさんあります。

「手筒花火」とは1メートルほどの手筒に火薬を詰めて使う花火のことで、花火師には多くの火の粉がふりかかるという難点はあるものの、とても迫力ある花火が打ち上がります。

オープニングで一番に披露されるので、遅刻して見逃すことのない様にしたいですね。

この動画では少し分かりづらいですが、オープニングで「遠州新居の手筒花火」という手筒花火が披露されています。

そして連続で花火が派手に打ち上がるフィナーレも必見です。

山形県随一の大迫力花火をぜひお楽しみ下さい。

 

「山形大花火大会」へのアクセス

photo0000-2892

会場周辺には駐車場がありませんので、できれば公共交通機関で行くのをオススメします。

とはいえ最寄駅となるJR山形駅からは会場まで徒歩で約1時間かかってしまいます…

ですがご安心下さい。

花火大会当日は臨時のシャトルバス(有料)が出ています。利用しましょう。

山形駅からタクシーという手もあります。

 

~公共交通機関を使う場合~

・JR山形駅西口から臨時シャトルバス乗車で約25分 ※バスの最終便が行き:17時30分、帰り:22時なので、乗り遅れには十分注意して下さいね!

またJR山形駅以外にも花火大会当日は「県工業技術センター」「あかねヶ丘陸上競技場」からも有料臨時シャトルバスが出ています。
この2箇所には、無料の臨時駐車場が用意されます。ぜひ利用しましょう。

この2箇所からバスに乗った場合、会場までの所要時間は3箇所とも約15分となります。

バスの最終便はどの乗り場も行き:17時30分、帰り:22時に発車します。

県工業技術センター山形県山形市松栄2-2-1

※無料駐車場約100台

 

あかねヶ丘陸上競技場山形県山形市あかねケ丘2−4−1

※無料駐車場約250台

 

バスの最終便はどの乗り場も行き:17時30分、帰り:22時に発車します。

一つ注意したいのが、この3箇所からシャトルバスを利用すると有料席からは遠くなってしまうので、もしも有料席のチケットを持っている場合は山形駅から乗って下さいね。有料席への臨時バスは山形県庁前からも出ます。

有料席へ行くには「乗降所A」行きのバスに乗りましょう。※山形駅前からは「協同の森」(無料観覧スポット)行きと「乗降所A」(有料観覧スポット)行きのバスが出るので、間違えないように気をつけてください。

ちなみに有料観覧席のチケットを持っていて自家用車利用したい場合は「山形県庁前」のバス停がオススメです。

約1200台の無料駐車場が利用できます。(山形駅前の駐車場は有料なのでお気をつけください)

ちなみにシャトルバスの料金ですが、片道500円となっています。

タクシーは花火大会の日は特別料金になりJR山形駅~会場間は片道2000円となります。

4人いる場合はバスと変わらない値段になりますので、バスに乗り遅れた際などは周囲の人を誘い合わせてみるといいかもしれません。

 

~自家用車で行く場合~

上記でも書きましたが会場には駐車場がありませんので「県工業技術センター」「あかねヶ丘陸上競技場」「山形県庁」の3箇所にある臨時無料駐車場に停めた後に、有料シャトルバスで会場入りするのがベターです。

ちなみにお体が不自由などの事情があって自家用車を利用したい場合は、事前申請をすれば特別通行許可証が発行され、会場近くの身体障害者用駐車場が利用できます。

ただし通行証の発行は先着順なので早めに申請をしておきましょう。

身体障害者用駐車場の申請に関しましては山形大花火大会実行委員会へお問い合わせ下さい。

TEL:023-632-8665(月~金 13:00~17:00)

 

山形大花火大会のチケット・有料席情報

山形大花火大会の会場周辺には駐車場がない=バスが運行し始めないと会場にたどり着けないということなので、早くから来場して場所取りをするということが難しいです。

そこで有料席のチケットを購入すると席を確保してゆったりと花火を見ることができます。

有料席は当日券と前売り券があり、電子チケットは全国のチケットぴあなどで購入することができます。

チケットぴあ(Pコード632-794)
ローソンチケット(Lコード22486)
セブンチケット(花火ジャンル)

手売りチケットは山形県内のサンクスや山形県内のスーパー「スーパーヤマザワ」でお買い求めいただけます。

きになる料金はそれぞれ

スペシャル席(定員4名):前売り20,000円
テーブル席(定員4名):前売り10,000円、当日12,000円
ファミリー席(定員6名):前売り10,000円、当日12,000円
カップル席(定員2名):前売り8,000円、当日10,000円
フレンド席(定員4名):前売り6,000円、当日8,000円
ベンチ席(定員2名):前売り5,000円、当日7,000円

 

このほかにも1名500円の自由席の用意もあります。

くどいようですが有料席のチケットを買った場合は山形駅か山形県庁前からシャトルバスに乗って下さいね。

 

【スポンサードリンク】

 

・ 山形大花火大会の穴場スポット

山形大花火大会には有料席がありますが、お金をかけずにきれいな花火を楽しむことができる穴場スポットもいくつか存在します。

これからご紹介しますね。

 

その1.霞城セントラル

住所:山形県山形市 城南町1−1−1

山形市内にある複合高層ビル「霞城セントラル」は花火会場からの距離はありますが、ビルを登るときれいな花火を堪能することができます。

霞城セントラル内のレストランからも花火が見えますが、花火の見える席はすぐに埋まってしまいますので花火を見ながら食事をしたい時は予約をするのが確実です。

その際には「花火の見える席を希望」と伝えて下さいね。

 

その2.富神山

D157_kasairinkaikouenyoru_TP_V

山頂の展望台から花火をきれいに見ることができます。

展望台までは約20分登ることになりますが、花火と山形の夜景を楽しむことができますよ。

ただし花火大会が終わる頃には帰り道が暗くなりますので、懐中電灯があるといいですね。

 

その3.イオンモール山形南店屋上駐車場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

住所:山形県山形市若宮3−7−8


花火大会を楽しむスポットとして全国各地で人気のイオン屋上駐車場。

食事やトイレの心配をしなくてよい上に、駐車場問題も解決できるからでしょうか。

(ただし都会のイオンは買い物をしないと駐車場代が高いので、買い物や映画を楽しむついでと考えた方がよいでしょう)

ただ花火大会用に開放されているわけではないので、当然ながら駐車場では他の車が行き交います。駐車場内での事故にはお気をつけください。

またこちらのスポットで花火鑑賞をする際は、マナーとしてイオンで買い物をするようにしてくださいね。

 

~まとめ~

・ 2016年の山形大花火大会は2016年8月14日(日)開催です。
・ 会場には駐車場がありませんので、山形市内4箇所から出る有料臨時シャトルバスを利用しましょう。
・ バスの最終便は行きが17:30発、帰りが22時発なので乗り遅れには十分注意して下さい。(乗り遅れたらタクシーで帰りましょう)
・ 有料席は前売りと当日があります。前売りの方が若干安いので事前購入をおすすめします。
・ その他に穴場鑑賞スポットとして「霞城セントラル」「富神山」「イオンモール山形南店屋上駐車場」などがあります。

山形大花火大会は例年お盆期間中の開催ということもあって、山形県や周辺の県へ帰省してきた方々、地元の方々などで大変にぎわう花火大会です。

場所取りがしにくいので有料席で見るか、その場合はどのバス停から乗るか、など事前にきちんと計画を立ててから出発しましょう。

真夏の夜空に打ち上がる伝統的な手筒花火やクライマックスの連射花火などのおよそ2万発のきれいな花火を、ぜひ余裕を持って楽しんでいって下さいね。

関連記事
2016年いたみ花火大会の開催はいつ?駐車場や穴場スポット情報も
たまがわ(多摩川)花火大会2016 日程やアクセス・穴場スポットのまとめ
四日市花火大会へ行こう!2016年の日程やアクセス・穴場スポットをご紹介
2016年琵琶湖花火大会の見どころをご紹介!穴場情報も

 

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930