menu

生活の図書館

2016年のハロウィンっていつ? 仮装の由来、トリックオアトリートの意味とは

pumpkin-969321_640

近年日本に浸透してきている秋のイベント「ハロウィン」。

オレンジのかぼちゃや魔女やコウモリなんかがいろんな売り場に飾られます。

売り場がオレンジや黒のイメージカラーで埋め尽くされますね。

でもこの「ハロウィン」、いつからこんなに流行るようになってきたのでしょう。

・2016年の「ハロウィン」っていつなの?
・何で仮装するの?
・「トリックオアトリート」という合言葉でお菓子を配るのはなぜ?

などなど疑問に思ってしまいますよね。

今回は意外と知らない「ハロウィン」について、雑学を交えて詳しくお教えします。

 

【スポンサードリンク】

 

 ハロウィンを楽しもう!2016年のハロウィンイベント情報

happyhalloween_title

日本ではハロウィンの具体的な日は決まっていませんが、ハロウィンの風習が古くからある欧米では毎年「10月31日」と決まっています。

10月に街を歩くともうディスプレイがハロウィン一色なので、意外と日にちを知らない人が多いようです。

伝統的な宗教イベントのひとつとしてハロウィンを行う欧米に対し、企業や個人のお祭りイベントとしてハロウィンを行う日本では、

10月中旬~下旬にある土日にハロウィンイベント(コスプレパーティーやお菓子を配るイベントなど)が行われることが多いようです。

2016年は10月29日と30日が土日になります。

本来の日である10月31日は、月曜日で平日になります。

有名テーマパークのディズニーランドやUSJでは10月中はずっとハロウィンイベントを行っており、毎年の風物詩になっていますね。

ちなみに渋谷や道頓堀では10月31日にコスプレをして街を歩く人々が大量に出現します。

今年も行われると思うので、興味のある方はお出かけしてみるのもいいですね。

(ただしまったく身動きが取れないえぐいほどの人混みなので、小さい子供連れではやめておいたほうが無難です)

小さなお子様向けのハロウィンイベントとしては「原宿表参道ハローハロウィンパレード」などがあります。

こちらは参加できるのが12歳以下のお子様とその家族のみ、というイベントです。

2016年は10月30日(日)に実施されます。

9月頃から参加方法などが告知されますので、興味のある方は公式サイトをご参照下さい。

公式サイトhttp://omotesando.or.jp/halloween/

 

そもそもハロウィンって何のイベント?

ELF88_kabocyah_TP_V

上でもちょこっと触れましたが、「ハロウィン」とは宗教行事なんです。

古代ブリタニア(現在のイギリスとアイルランド)では11月1日を「万聖節(全ての聖者に祈りをささげる日)」という祝日とし、その前日(10月31日)をハロウィンとしています。

ハロウィンはもともとはブリテン諸島に住んでいた古代ケルト人の宗教観に基づく習慣がキリスト教と融合してできたものです。

その習慣とは

・ 古代ブリタニアでは1年の始まりが10月31日の日没からであり、その夜には死者の霊が家族に会いに来たり、魔女や精霊が出てくると信じられていた。
・ そのためケルト人たちは身を守るために死者や精霊の仮装をしたり、魔よけの焚き火を行ったりした。

というものです。

お化けや魔女の仮装をするというハロウィンの習慣はここからきているのです。

現代ではかぼちゃをくりぬいて作るかぼちゃおばけ(ジャックオランタン)を飾り、

仮装した子どもたちが「トリックオアトリート」と行ってお菓子をもらって回ったり、パーティを行うイベントとして有名になりました。

「ジャックオランタン」もスコットランドやアイルランドの精霊がモチーフなんですよ。

ちなみに「ジャックオランタン」用のオレンジのかぼちゃですが、観賞用なので食べてもおいしくないです。

ハロウィンが終わったらもったいない気もしますがカビたり腐ったりする前に捨ててしまいましょう。

(どうしてももったいないなと思ったら砕いて畑の堆肥にする、なんてことは可能です。)

まあ「ハロウィンとは何か?」という問いに大雑把に答えるなら「西洋式のお盆」といったところでしょうか。

 

【スポンサードリンク】

 

 「トリックオアトリート」の意味とは

halloween_trickortreat

ハロウィンには子どもたちが「トリックオアトリート」(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)の合言葉で大人たちからお菓子をもらって回る習慣があります。

そのためか日本でも秋になるとハロウィン限定お菓子なんかがよく発売されますね。

この行動の由来ですが、元々は古代のヨーロッパの風習です。

子どもたちがハロウィンの夜にさまよっている霊たちのためにお菓子やパンをねだりながら各家庭を回ります。

何もくれない家庭には霊たちがいたずらをしてしまう、と信じられていたそうですよ。

そして「トリックオアトリート」という言葉が生まれたのは実は1900年代に入ってからです。

1900年代初頭にどこかの子どもが「トリックオアトリート」という言葉でお菓子をねだり始め、1952年のディズニーアニメ「Trick or Treat(ドナルドの魔法使い)」の中の台詞で使われたことで一気に世界中に広まりました。

これ以降ハロウィンの決まり文句として世界中で使われることになります。

もしかしたらあなたの家にも可愛いいたずらっ子が襲来してくるかもしれませんので、ハロウィンの時期には家にお菓子を用意しておくのが無難なようですね。

(一口大のクッキーやキャンディなど、小さく配りやすいものがいいみたいです。)

 

まとめ

・ ハロウィンの日は欧米では「10月31日」ですが、日本は10月中の土日に行うことが多いです。
・ 2016年は10月29日と30日が土日なので、この日にハロウィンイベントが行われることが多いです。
・ ケルト人(現在のイギリスやアイルランドあたりに古代に住んでいた民族)の宗教行事がハロウィンの仮装の由来です。
・ 子どもたちがお菓子をねだって歩く行為も古代ヨーロッパからきています。
・ 「トリックオアトリート」(お菓子かいたずらか)という言葉は近年になって普及しました。

ハロウィンは実は宗教行事なので、多宗教の人種が暮らすアメリカでは賛否両論やひと悶着もあったりします。

ただお菓子や仮装など子どもが楽しめる要素が強いので、子どものイベントとして楽しくパーティを行う方々が多いようです。

日本ではこの「楽しいイベント」としての面が強く強調されて広まっていますので、それに乗って楽しく過ごすのがいいのではないのでしょうか。

羽目は外し過ぎないように、公共のルールやモラルを守って参加しましょうね。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930