menu

生活の図書館

台所 原因不明な排水溝のつまりを意外な道具を使って一瞬で解消!

台所の配水管の流れが悪く、シンクに水が溜まりやすくなった・・・

こうなってしまうと食べかすなどの汚れが逆流して匂うようになってしまうので、

とても困ってしまいますね。

ここではそんな時にご家庭にあるものを使って、

カンタンに配水管のつまりをとる方法をご紹介します。

 

【スポンサードリンク】

 

超簡単に配水管のつまりを取る方法

用意するもの
・ 古タオル
・ お風呂の残り湯

 

~手順~

1.ゴミ受けを外す

この時ついでにゴミ受けの掃除をするといいですよ。

 

2.ワントラップを外す

ゴミ受けを外すと出てくるこれ↓「ワントラップ」といいます。

P1040366

周囲に水のバリアを張って配水管から臭気がのぼってこない様になっています。

このワントラップは反時計回り(左)に回すとロックが外れ、

持ち上げるだけで外れるようになります。

P1040367

そうすると中央に排水管の穴が出てきます。

 

3.穴にタオルを詰める

P1040368

タオルで排水管に栓をします。

 

4.お風呂の残り湯をシンクに溜める

P1040369

節約もかねて残り湯を使っていますが、別に台所で沸かした湯でもかまいません。

ただし気をつけたいのが「60度以上の熱湯は配水管を痛めてしまう恐れがある」

ということです。

ある程度冷めたお湯を使いましょう。

 

5.お湯が溜まったらタオルを引き抜く

タオルを引き抜いて一気に排水管に流します。

水流の力でつまりを取り除いてしまおう、というわけです。

P1040370

ついでに排水管上部のこびりついた汚れも取れて、きれいになりました。

がんこなつまりの場合は上記1~5の手順を数回繰り返します。

この方法は超簡単にローコストでつまりが取れるのでおすすめですよ。

仕上げに市販のパイプクリーナーなどの薬剤を排水管に流し込むと、

さらにきれいにつまりが取れます。

 

【スポンサードリンク】

 

排水溝のつまり予防に、日常で気をつけること

 

排水溝用のネットを使う

使い古したストッキングなどでもよいのですが、

排水溝のゴミ受けに何かしらネットをつけておくと詰まりにくくなり、

何よりゴミ受けの掃除が楽になります。

ネットやストッキングなどの細かい網目をすり抜けるほどの小さなゴミなら、

まず排水管を詰まらせる心配もありません。

 

ネットは可燃ごみの収集前日に取り替える

可燃ごみは最低でも週に2日ほどある地域がほとんどですので、

必然的に、週2でゴミ受けを掃除する習慣がつきます。

結果、めったに詰まらなくなります。

 

~まとめ~

・ 排水溝のつまりは、お湯と古タオルを使って簡単にとれます。
・ タオルで栓をしてシンクにお湯を溜め、一気に流しましょう。
・ つまりを予防するために、細かいゴミをキャッチしてくれるネットをゴミ受けに装着するのもいいですね。

パイプクリーナーなどの薬剤を使わなくても、

おうちにあるものを使ってつまりを簡単にとることができます。

お風呂の排水溝にも応用できそうですね。

(髪の毛が固まって玉になってつまっている場合は、薬剤を投入した方がよさそうですが。)

かなり有効な方法で、私の周りの友人もこの方法を実践し、

高確率でつまりが解消しているので、是非一度試してみて下さい。

関連記事

痛い!包丁で指を切った後、血が止まらない場合の正しい処置方法

 

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031