menu

生活の図書館

尿が白く濁るのはなぜ?その原因と対処法のまとめ

restroom-304986_640

最近尿が白く濁っている気がする、トイレが近くなった・・・

こんなことでお困りではありませんか?

白く濁った尿は病気のサインである可能性もありますが、

気にしなくていい場合もあります。

今回は尿が白く濁る原因とその対処法についてお教えします。

 

【スポンサードリンク】

 

1.尿が白く濁る!まず食生活の見直しを

 「動物性たんぱく質」「シュウ酸」「脂肪」・・・これらを多く含む食品を摂り過ぎると、

尿中にシュウ酸カルシウムの結晶ができやすくなり、尿が白く濁ってきます。

 「シュウ酸」はほうれん草、れんこん、バナナ、さつまいも、ナッツ、ココア、たけのこ、ビールなどに多く含まれている成分です。

こうした食品に脂っこいメニューを組み合わせて多く食べていると、

尿が白く濁ってくるわけですね。

この濁りは基本的には心配ありませんが、

こうした食生活を長く続けているとやがてシュウ酸カルシウムの結晶が結石化し、

尿道を塞ぐようになってきてしまいます。

俗にいう「尿結石」ですね。

症状が進むとものすごく痛い思いをすることになるので、

尿の濁りが気になったらまずは食生活を見直して見ましょう。

特に「シュウ酸」をとり過ぎないようにしたいものです。

野菜に多く含まれているこの「シュウ酸」、水に溶けやすいという性質があります。

FCFS_hourensou_TP_V

これを利用してなるべく生野菜は食べない、アク抜きをする、

というふうに調理方法に気をつけてみましょう。

ほうれん草はかならず茹でてから調理、

たけのこれんこんアク抜きをしっかりして調理する、

など気をつければ大丈夫です。

関連記事:タケノコのあく抜きに失敗しない方法 米ぬか or 重曹どちらが良いの?

またシュウ酸はカルシウムと一緒にとると便から体外へ排出されます。

うまく食事にカルシウムを組み合わせて摂りたいですね。

乳製品はカルシウムも多いですが「動物性たんぱく質」「脂肪」も多いため、

小魚などがオススメです。

梅干などのクエン酸が多い食品海藻類結石化を防ぐ効果があります。

また水をたくさん飲み

結石化しないうちに結晶を外に排出してしまうのも有効です。

 

2.内臓疾患の可能性

尿の濁りは腎臓、膀胱、尿道などに異常があるサインであることもあります。

 

腎臓結石・尿管結石

前項でも触れたシュウ酸カルシウムの結晶がやがて結石化し、

腎臓や尿管に留まっている疾患です。

結石化してくると腹痛や下腹部の痛みが発作的に起こり、

やがて突然の激痛に襲われます。

 予兆としては尿の濁りのほかに血尿や残尿感があり、トイレの回数が増えてきます。

こうした症状が出てきたら、悪化する前に一度泌尿器科へ行きましょう。

ちなみに尿結石は男性の発症率が高い病気で、

女性の2.5倍の確立で罹患します。

男性の方が女性より尿管が長いため、詰まりやすいのでしょうか。

 

膀胱炎・尿道炎

尿結石が男性の方が罹りやすいのに対し、女性の方が罹りやすいのが膀胱炎です。

女性は尿道が男性より短いので、

尿道から膀胱に雑菌が入りやすく炎症を起こしやすいのです。

症状としては尿の濁りのほかにトイレが近くなり、排尿時に痛みを伴うようになります。

こちらの場合も一度泌尿器科へ行きましょう。

また男性の場合は同じような症状の場合、尿道炎が考えられます。

こちらは放置しておくとまったく排尿ができなくなる、

「尿道狭窄」になってしまう可能性があるので、

やはり泌尿器科できちんと治療をしましょう。

 

泌尿器のガンの可能性も

kennyou_cup

尿の濁りは前立腺、膀胱、腎臓など、

泌尿器系のガンの初期症状であることもあります。

この場合は濁りのほかに血尿もあらわれてくるのですが、

初期に肉眼で確認するのは難しいです。

血尿は病院で検査をすれば分かりますので、

もしも尿の濁りが心配な場合は早めに泌尿器科を受診しましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

3.性感染症の可能性も

淋病、クラミジアなどの性行為が原因で罹る性感染症(STD)は、

性器や尿道に炎症をおこします。

前項で触れたように、尿道の炎症は尿の濁りや排尿痛を引き起こします。

尿の濁りの原因としてこうした性感染症が疑われる場合、

早めに泌尿器科や性病科を受診しましょう。

(女性は異常な色や匂いのおりものの増加が認められます。産婦人科・性病科などを受診しましょう。)

 

4.女性の場合は「おりもの」が原因の時も

女性の場合「おりもの」が尿に混じって濁って見えることがあります。

性器に痛みやかゆみなどの異常がなく、

透明なおりものが出て混ざった程度なら特に心配はしなくていいでしょう。

 

~まとめ~

尿が白く濁ってきた時にとるべき対処は2通りです。

 ・ 濁り以外に症状が無い場合:食生活の見直し(ビールを飲みすぎない、カルシウム・海草・クエン酸(すっぱい食品)をとる、ほうれん草やレンコンは茹でてから食べる、など)をする。

・ 濁り以外に痛みや血尿などの症状がある場合:早めに泌尿器科で治療する。

尿の濁りは病気のサインであることも・・・

生活の見直し、治療を積極的に行っていきましょう。

関連記事

おでこニキビはストレスが原因か 予防法を徹底解説

 

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031