menu

生活の図書館

iPhoneって電源オフの状態でも充電出来てるの?

iphone-4-1249732_640

毎日行うiPhoneの充電。

もしかして電源オフ状態にしてから充電した方が、

充電効率が上がって充電が早く完了するのではないか?

と思いますよね。

でもそもそも、

「iPhoneって電源オフ状態でも充電できるの?」

と思う方もいらっしゃると思います。

今回はこの疑問に迫ってみたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

iPhoneを高速充電するには|機内モードやアダプターが鍵!

実はiPhoneは電源をオフにしてから充電しても、

自動的に電源が入るようになっています。

(しばらくするとスリープ状態になって画面はオフになりますが)

これは仕様なので、

どうしても電源オフのまま充電することはできません。

でもご安心ください。

早く充電を完了させるテクニックはあります。

急いでいるときなどに試してみてください。

 

iPhoneを早く充電するテクニックとは

それはずばり、

「機内モードにしてから充電する」

です!

では実際にやり方をご紹介します。

1.まずはコントロールセンター左にあるボタンをタップし、「機内モード」に切り替えます

img_20161018_151143_20161018185011

2.電源ボタンを軽く押し、スリープ状態にします

3.そのまま充電器を繋いで充電開始

機内モードにすることでLTE、Wi-Fi、Bluetoothがオフになり、

通信機能のシステム負荷が減るのでバッテリー消費が減ります。

その分充電が早まるというわけです。

ただし「機内モード」にすることで、

電話が受信できなくなる点には注意してください。

 

ACアダプタとケーブルを変えると充電が早くなる!

iPhone付属のACアダプタではなく、

2.1A出力に対応した充電器と、

MFi(Made for iPhone)認証を受けている、

Lightningケーブルを使うことで高速充電が可能です。

要は「2.0A」(それ以上でもよし)

と書いてある充電器を使えばいいわけです。

img_20161018_152605_20161018185029

↑スマホの充電器は1.0Aと書いてあるものが多い。

実はiPadに付属しているACアダプタがこの条件を満たしているので、

iPhoneもiPad用の充電器で充電した方が早く充電できます。

無ければApple Storeのほかに、

家電量販店やAmazonなどでも買うことができます。

※一応Apple公式製品アダプター以外の高出力アダプターは、

本体バッテリーに負荷がかかりますので、

なるべく公式(純正)アダプターを購入した方がよいでしょう。

参考リンク:Apple12W USB電源アダプタ(Apple Store)

 

【スポンサードリンク】

 

おまけ:実は「寝ている間の充電」はバッテリー寿命を減らす!

夜寝ている間にiPhoneを充電しておくのは便利ですね。

しかし実はバッテリーがフル充電されて、

100%担った状態でさらに充電を続けると、

バッテリーに負荷がかかり壊れる原因に!

ですからiPhoneは日中に充電し、

100%になる前に充電器から外した方が、

バッテリーのためには良いようです。

ぜひこの記事で紹介した高速充電テクニックを使い、

さっと充電を終わらせてみてくださいね。

 

まとめ

iPhoneは電源を切って充電しようとすると、再起動してしまいます。

iPhoneを高速充電するには、以下のテクニックを使ってみましょう。

・機内モードにしてから充電する。(機内モード中は電話が着信できないので注意)
・iPad用のACアダプタで充電してみる。(アダプターの出力が2.0A以上になっていればOK)

こうしたテクニックを使って、

出かける前にさっと充電をすませて、

バッテリー切れの心配なく出かけましょう。

関連記事

iPhoneの電源に接続とはどういう意味?出来ない時の原因と対処法

iphone7のホームボタンが突然効かないときに試したい対処法まとめ

iPhoneがフリーズ!アップルマークのまま起動出来ない時に試す方法

 

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031