menu

生活の図書館

頭がぼーっとするのは風邪?ストレス?その原因と対処法とは

tig88_bednouederirakkusu_tp_v

頭がぼーっとしてうまく物事が処理できない・・・

そんな時は寝不足風邪ストレスが溜まり過ぎなどを疑い、

風邪薬や栄養ドリンクを飲んで対処しますよね。

ですが、この「ぼーっとする原因」は、

風邪や寝不足ではないことがあります。

今回は「ぼーっとする」という症状に潜む原因と、

対処法についてご紹介いたします。

 

【スポンサードリンク】

 

頭がボーっとするのはストレスや風邪だけが原因じゃない?そこに潜む病気と対処法

よく睡眠をとっているはずなのに頭がボーっとしてしまう・・・

微熱や関節の痛み、

せきくしゃみ鼻水などの症状があれば、

風邪のひき始めとも考えられますが、

そうした他の症状がない場合は、

「ちゃんと睡眠がとれているかどうか」

を疑ってみるとよいでしょう

 

こんなときは睡眠時無呼吸症候群や自律神経失調症を疑うべき

bed-1013889_640

睡眠時の呼吸が浅いために脳が酸素不足になると、

良質な睡眠が取れなくなり頭がぼーっとしたり、

身体がだるい、昼間でも眠い、

といった症状が現われてきます。

寝ている間、

「大きないびきをかいていたよ」

「呼吸が止まって苦しそうだったよ」

などと家族に言われたり、

また自身でも起きた時に、

口が渇いていたり熟睡感が無かったり、

頭が痛かったり・・・などといったことがあれば、

睡眠時無呼吸症候群を疑いましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の改善方法

睡眠時無呼吸症候群は太っている人が、

なりやすいイメージがあります。

しかしやせている人飲酒・喫煙習慣がない人でも、

なることがあります。

(ただダイエットや禁煙・禁酒は改善に有効なので、心当たりがあるならば行いたいですね)

またアレルギー性鼻炎などで鼻が詰まっていて、

口呼吸などが多くなるとなりやすいので、

その場合はまず鼻炎の治療を行いましょう。

ダイエット禁煙・禁酒、鼻炎治療以外では、

「横向きで寝る」というのも改善に効果的です。

横向きで寝ると上気道の閉塞が軽減されます。

抱き枕などを使い、横向きに寝てみましょう。

こうした鼻炎の治療や睡眠時の工夫で、

頭がボーっとする症状が緩和できればそれでOKですが、

もしも「自律神経失調症」だったりすると、

やはり昼間頭がぼーっとしてしまいます。

それでは次に自律神経失調症の改善方法を以下で教えます。

 

【スポンサードリンク】

 

自律神経失調症の改善方法

自律神経とは心臓を動かしたり汗をかいたり・・・

などの自分ではコントロールできない、

自動的に働く神経のことです。

この自律神経は大まかに言って、

「活動する神経=交感神経」「休む神経=副交感神経」

の2種類に分けられます。

活動する時眠る時などに、

この2種類の神経が交互に働くことで、

人間は健康な日々を送ることができます。

この自律神経のバランスが乱れ、

上手く働かなくなってしまったことにより、

健康に悪影響が出るようになってしまった状態が、

「自律神経失調症」です。

頭がボーっとしたり、倦怠感が付きまとったり・・・

さまざまな不快な症状が現われます。

この自律神経失調症を治すためには専門家による、

カウンセリングや薬物療法などが必要な場合がありますが、

ここではまず手軽にできるセルフケアの方法をご紹介しますね。

leukerbad-122834_640

 

なるべく毎日首までのお湯につかる様にする

ofuro_nyuyokuzai_woman-1

首には自律神経に関係する神経が多く、

温浴で活動を正常化できます。

 

1日数回深呼吸や腹式呼吸を行う

fukushiki_kokyu1

深呼吸で昂(たか)ぶった交感神経が沈静化できます。

実は、腹式呼吸(呼吸)が、

自律神経をコントロールできる、

唯一の方法なんですね。

自律神経を回復させる腹式呼吸の詳しいやり方は

整体院のブログ』をご覧ください。

 

寝る1時間前になったらスマホやパソコンの画面を見ない

smartphone_girl_stand

ブルーライトが交感神経を活発にしてしまうため、

しばらく見ないことで沈静化できます。

 

なるべく朝起きて夜寝る規則正しい生活をする

neoki_girl_sawayaka-1

規則正しい睡眠をとることで、

自律神経が安定し、

沈静化が期待できます。

先天的な自律神経失調症でない限り、

大抵はこうしたセルフケアで、

症状を緩和させることができますので、

頭がさえない日々が続く方はぜひお試しください。

 

まとめ

・「頭がぼーっとする」症状が風邪薬と十分な休息だけで治らない時は、睡眠時無呼吸症候群や自律神経失調症を疑ってみましょう。
・心当たりがある時は改善策を試してみたり、医療機関に相談してみましょう。
・入浴の工夫や、呼吸法の工夫、スマホやパソコンを寝る直前まで見ない・・・といった生活改善である程度症状が緩和されます。

ちなみに風邪薬を飲んだ後に「頭がぼーっとする」のは、

眠気を誘い身体を休めさせるために、

「抗ヒスタミン」という成分を、

メーカーが配合しているためです。

仕事や機械類の操作の前に飲みたい場合は、

「抗ヒスタミン」が入っていないタイプの薬を飲むといいですね。

 

関連記事

緊張すると手が震えるのは病気のせい?震えそうになったら試す2つの方法

極度の緊張をほぐす方法~テスト前日には呼吸法と食べ物で対策~

 

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年7月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31