menu

生活の図書館

頭がぼーっとする、だるい時に考えられる原因と対策法

tsuruno25_tp_v

毎日生活していると、

頭がぼーっとして働かなくなって、

困ることがあるかと思います。

この「頭がぼーっとする」という原因には、

様々なものが考えられます。

睡眠時無呼吸症候群や、

自律神経失調症といった原因のときの対処法は、

以前に書きました。

関連記事頭がぼーっとするのは風邪?ストレス?その原因と対処法とは

今回はそれら以外の原因「寝不足」「脳の栄養不足」によって、

引き起こされる、頭がぼーっとする、だるい、

という症状の対処法についてお教えいたします。

 

【スポンサードリンク】

 

頭がボーっとする時に効く!寝不足や脳の栄養不足を短時間で解消するテクをご紹介

まずは寝不足を短時間で、

回復させる方法をお教えします。

 

机の上でうつぶせになって、15分目を閉じる

cat-684286_640

寝不足を解消させるにはとりあえず仮眠することが有効で、

できれば昼寝ができれば一番いいのですが、

昼休みがあまり取れないときなどはとりあえず、

「15分」目をつぶります。

このときできるだけ座った姿勢のまま、

机の上でうつぶせになりましょう。

時間が「15分」なのは、

それ以上寝てしまうと深い睡眠になってしまい、

起床してもしばらく頭がボーっとしてしまうからです。

一説には15分のうつ伏せ寝で3~4時間分の睡眠が補えるともいわれています。

お次は栄養補給で頭のぼんやり感や、

体の疲労をとる方法をご紹介します。

 

ブドウ糖(ラムネ)を補給する

sweets_ramune

よく「疲れた時には甘いものを」と聞いたことはありませんか?

休憩時に甘いものをとるとなんだか頭が冴えてきますね。

甘いものには原材料に「ブドウ糖」が表示されているものが多いです。

そして脳を働かせるにはこの「ブドウ糖」が不可欠です。

脳が疲れてくるとブドウ糖が欠乏している状態なので、

「甘いものが食べたい」というサインが、

体に送られるんですね。

そしてこのブドウ糖、

一番ダイレクトに摂取できる食品は何かご存知でしょうか?

答えは駄菓子コーナーでおなじみ「ラムネ菓子」です。

100円以下でダイレクトにブドウ糖を摂取できるので、

かなりコスパ面でも優秀です。

 

【スポンサードリンク】

 

ラムネは寝る前に食べると効果的

勉強やデスクワーク続きで脳が疲労し、

頭がぼんやりしてきた時にラムネを食べるといいのですが、

より効果的な摂取をしたいなら「就寝前」がおすすめです。

寝る前にラムネを食べてから寝ると、

寝起きが割とすっきりします。

二日酔いにも効果てきめんなので、

飲みすぎた日の夜はコンビニでラムネを買って帰宅し、

食べてから寝るようにしましょう。

 

日中は日の光を浴びる

takebe160224090i9a0398_tp_v

最近は交代勤務の業務に就いている人も増えているので、

夜勤明けなどに、

「頭がぼーっとする」「体がだるい」

といった不調を感じている方も多いことでしょう。

夜勤明け後、次の日は日勤のシフトなどに戻るときは、

なるべく、

日中の仮眠を3~4時間程度にして、あとは強い日の光(特に朝日)を浴びると体内時計が元に戻ります。

(曇りや雨の日でも1時間ほど外に出て太陽光を浴びると有効だそうですよ)

徹夜明けの日にも使える方法です。

 

まとめ

「頭がぼーっとする」「体がだるい」

といった不調には、以下のように対処しましょう

・机の上でうつぶせになって、15分仮眠(目を閉じるだけでもよい)
・疲れてきたらラムネ菓子を食べる
・ラムネは寝る前に食べると翌朝頭がすっきりする(二日酔いにも効果的)
・寝不足の時は日中は、なるべく日の光を浴びて、仮眠する

体の疲労感や頭のぼんやりには、

規則正しい睡眠とブドウ糖が何より効きます。

疲れたときにはどうぞ試してみてくださいね。

 

関連記事

こたつで寝るのは超危険!「だるい」「疲れる」では済まない場合も

ど忘れが多いのはストレスが原因か 防止策や対処法を伝授

おでこニキビはストレスが原因か 予防法を徹底解説

 

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年7月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31