menu

生活の図書館

スマホのバッテリーの減りが早い!すぐ無くなる現象から復活させる為の2つの方法

スマホを使い始めてからしばらくたったある日、電池残量はまだまだ20~40%ほどあるのに突然シャットアウトしてしまう(電源が落ちてしまう)というバッテリーの減りが早い現象に見舞われたことはありませんか?正直困ってしまいますよね。ここではこうした現象の原因と、解決させるための方法についてまとめてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

急にバッテリーの減りが早いスマホを元通りにしたい!とても簡単な方法で復活

スマホがまだ電池残量があるのに急にシャットダウンしてしまうとき、もしくはバッテリーの減りが早い時、原因としてはバッテリーの寿命が考えられます。一般的なスマホに使われているバッテリーは毎日使い続けたとして、寿命が約1年~2年程といわれています。

ですので使い始めてから2年以上経過しているなら、バッテリーを交換したほうが早く解決しますが、1年未満でこの症状が現れだした場合は交換を考える前にまずは以下のことを試して見ましょう。

1.スマホの電源を切り、そのままフル充電します。(睡眠時などを利用しましょう)
2.フル充電が終わったら途中で充電をせずに電池残量が0%になるまで使い切ります。

これを1セットとして、2回繰り返します。運がよければこれだけで「突然シャットダウン現象」から解放されますよ。この方法を試してもダメなら、次に挙げる方法を試してみてください。

ただし、以下の方法は試す前に必ずスマホの製造メーカーサポートなどに確認してから行うようにしましょう。壊れてしまうと余計修理代が高くつくことも考えられますので…

1.電池パックを取り外して、本体を強制終了させる
2.SIMカードを抜き差ししてみる

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

電池パックを外して強制終了をすることで「突然シャットダウン現象」直る場合があるそうです。電池パックの取り外し方に関しましては、機種によって違いがありますので購入したメーカーのサポートへ問い合わせてくださいね。SIMカードは抜くと再起動されることが多いので、それを利用して直すこともできるそうです。

ただしこれらの方法を試しても改善せず、どうしても有償の電池パック交換が必要になってくるケースもあります。そのときは素直にメーカーの指示に従ってくださいね。スマホのバッテリー交換はお高いので、こうした現象が起こったときにもなるべくなら自力で復活させて2年以上は使いたいところですね。

そのためには普段からスマホをバッテリーの寿命を長持ちさせる(=劣化を遅らせる)使い方をすることが必要になってきます。バッテリーを長持ちさせる具体的な方法に関しましては、また別の記事で述べていきます。よかったら参考にしてくださいね。以上、「急にバッテリーがなくなるスマホを元通りにする方法」でした。よろしかったら試した感想をいただけると筆者も大変喜びます。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031