menu

生活の図書館

好きな人にLINEで告白して失敗しない為に押さえておきたい3つの心構え

携帯電話が普及し始めた頃、「メールでの告白はありかなしか?」ということがよく言われていました。筆者は高校生の頃に携帯電話を持つ人がクラスに1人2人いた、ぐらいの年代なので、メールでの告白というのはしたこともされたこともないのですが、まあ思いがこもっていればなんでもいいのでは?と思っています。でも、なるべく失敗したくない気持ちもわかります。そこで今回は最近増えてきたLINEでの告白を成功させる方法について考えてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

LINEでの告白に失敗しないための方法 好きな人に思いを伝えよう!

「メールやLINEでの告白は気持ちがこもっていない!」と思われる方もいらっしゃることでしょう。手軽さが軽い印象を与えてしまうのかもしれません。しかしLINEには手軽さもありますが、相手の顔を見ずに済むのでお互い素直な気持ちを伝えやすいという長所もあります。

面と向かって話すのは緊張してしまう相手と仲良く会話しやすいので、その流れで告白しやすいというわけです。あがり性の人にはうってつけのツールですね。しかも実のところ告白を面と向かって伝えてもメールで伝えても、さほど成功率に変化は無いことが研究結果としてあるそうです。これ、意外ですよね。

LINEで告白した場合の成功率というのはまだ研究されていませんが、メールで告白しても結果はほぼ変わらないことから、LINEでの告白も口頭での告白とたいして成功率は変わらないと考えていいと思います。では告白を成功させるためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

その1.冗談だと思わせない

LINEは手軽に会話を続けられるため、本気で「好きです」と言っても、相手に軽口や冗談だと捉えられてしまうかもしれません。告白を成功させるためには「冗談だと思わせない」これが大事です。そのためにはどうしたらいいのでしょうか。方法は簡単です。「好きだ」とシンプルに伝えることです。

真剣さを分かってもらうために、会話のついでの流れで言わないこと、なるべく絵文字や顔文字、スタンプなどを使わずに伝えること、が大切です。具体的には「ちょっとお時間よろしいですか」(相手への気遣い)→OKされたら「本気の話があります」→「好きです、付き合ってください」というような流れで告白するといいかと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

その2.相手のことを気遣う

告白の成功率を上げるにはこれが大切ですね。相手がゆったりと会話できそうな時間にLINEを送るのがいいでしょう。早朝や深夜、仕事中の時間帯は避けて休日の夕方などに送るのがいいと思います。余裕のある時間帯に送れば相手もリラックスしているので、いい返事が期待できます。

その3.敬語を使う

その1でも触れましたが、実際に告白するときは普段の会話では敬語を使ってない仲でも敬語を使うようにしましょう。より本気度が伝わりやすいです。いつも敬語を使ってない間柄の仲で急に敬語を使われると、相手も「真剣な思いなんだな」と感じてくれるはずです。

以上、LINEでの告白を成功させるためのポイントを3つほど考えてみましたが、いかがでしたでしょうか。LINEができる間柄ならもうちょっと一押し、言葉に気をつけるだけで、告白の成功率はぐっと上がるはずです。

ただ、告白される相手の気持ちを考えると、やはり一番良いのは直接会って、実際に想いを伝えるというのが、相手の表情や真剣さもダイレクトに読み取れるので、出来れば直接会って告白するのが良いかもしれませんね。

ただ、もし好きな人にLINEを送って、未読無視という事態に陥り、精神的に辛い場合は【LINEの未読無視から1週間…脈なしか駆け引きか女性の心理を読み解く】こちらをご参考にしてみて下さい。それでは、頑張ってくださいね!

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031