menu

生活の図書館

鼻血が止まらないと口から血の塊が…それ、飲み込んじゃってませんか?

鼻血がでる原因は様々ですが、長い間出血が止まらないとまれに口から血の塊が出てくることがあります。この血の塊、大抵はたいしたことが無いのですが、まれに重大な病気のサインだったりするのです。今回は鼻血が出た後の血の塊にはどう対処するべきか、また鼻血が出た際の正しい対処法についてまとめてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

鼻血が出た後の血の塊、実際はどうするのが正解なの?

そもそも鼻血が止まらないときに喉から出てくる血の塊は、鼻血が喉に流れ込んで凝固したものです。正体はただの鼻血なので、時折出るくらいならさほど心配は要りません。しかし頻繁に鼻血や喉から血の塊が出る場合には、何か別の病気が原因の可能性が大きくなります。

多くの鼻血はただ単に鼻の血管が破れて出てくるものですが、血液中の血小板(血管が何らかの形で損傷したときに傷口をふさいで止血してくれる働きをします)や凝固因子が少なくなっていても鼻血が出やすくなります。つまり頻繁に鼻血や血の塊が出ている場合は、血液中の異常が考えられるわけです。

通常の鼻血は15分程度で止まりますが、もしも30分以上も止まらないときは速やかに病院を受診しましょう。鼻血のことなら耳鼻咽喉科へ(お子さまの場合は小児科でもいいでしょう)行かれるとよろしいです。また血の塊が出てきたときの対処ですが、なるべく飲み込まず吐き出すようにしましょう。

鼻血を飲み込んでしまった経験をお持ちの方は分かると思いますが、変な味がして、気持ち悪くなります。鼻血を飲み込むと気分が悪くなり嘔吐を引き起こしてしまいますし、後に消化不良を起こしてしまうこともあります。これは血液中のヘモグロビンに含まれる鉄分が胃腸によくない成分であるためです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

なので鼻血以外にも例えば親知らずを抜歯した後の出血なども、できれば飲み込まないほうがいいでしょう。それでは血の塊が出ないようにするため(喉の奥に鼻血が流れ込まないようにするため)には、どうしたらいいのでしょうか。以下に鼻血が出たときの対処法を記しておきます。

1.鼻血が出たらまずは上体を起こして椅子などに座ります。
2.顔はやや下を向いた状態で、人差し指と親指で鼻を摘み、圧迫止血します。
3.このときに濡れタオルやハンカチで鼻を冷やすとより効果的です。

鼻血が出たときは決して上を向かないのがポイントです。上を向くと喉に血が流れ込んでしまいます。また鼻にティッシュを詰める行為は鼻の粘膜を傷つけてしまうおそれがあるためなるべく避けましょう。ティッシュを鼻の入り口にあてて血を受け止めるだけにしたほうがいいです。

いかがでしたでしょうか。鼻血は誰しもが必ず経験することなので、正しい対処を覚えておいていざというときに慌てないようにしておきたいです。特に子どもは鼻の血管が破れやすいのかよく鼻血を出すので(うちの子どもたちも寝起きなどによく鼻血を出します)小さなお子さんをお持ちの方は対処法をよく覚えておくといいでしょう。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031