menu

生活の図書館

鼻血が止まらない…その原因はストレスかも 突然頻繁に出る方は要チェック!

一般的な鼻血は鼻の中の血管が何らかの原因によって破れることで出てきます。鼻の粘膜が弱い子どもが頻繁に鼻血を出してしまうのはそのためです。大人の場合も理由は同じですが、実は大人はそれに加えてストレスが原因で鼻血が出ることもあるのです。ここではストレスと鼻血の相互関係、またストレスで鼻血が出るときの対処法についてまとめてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

止まらない鼻血…原因であるストレスを取り除くための秘訣とは

ストレスが原因で鼻血が止まらない……それはなぜなのでしょうか。それはストレスを感じることで、アドレナリンとビタミンCの体内バランスが崩れてしまうことが原因です。人はストレスを感じると、副腎からアドレナリンという抗ストレスホルモンが分泌されます。このアドレナリン、分泌時にビタミンCを大量に消費してしまうのです。

ビタミンCは皮膚や粘膜の強化に不可欠な栄養素であり、血管も強くする作用をもっています。ですからアドレナリンの大量放出によりビタミンCが大量に消費されてしまうと、体はビタミンC不足になり、毛細血管も弱くなり破裂しやすい状態になります。

まとめますと、ストレスを感じる→アドレナリンが放出される→ビタミンCが大量に消費される→血管が弱くなる→鼻血が出やすくなる(またケガをしたときも血が止まりにくくなる)ということになります。ストレスを感じると鼻血は出やすくなるのですね。ではストレスで鼻血が出るときはどんな対処をすればいいのでしょうか?

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

・まずは休息を
止まりにくい鼻血が出るほどストレスが溜まっている方は、まずストレスを取り除くことが最優先になります。睡眠を十分にとる、疲れてきたら休憩してリラックスする、三食規則正しく取れる生活スタイルにする、などでストレスを取り除く努力をしましょう。

ちなみに現代人が一番ストレスを感じるときは人間関係に悩んだとき、だそうです。これを取り除くのはかなり厄介ですが、お付き合いはほどほどに、人間関係であれこれ考えすぎない、などで乗り越えていきましょう。

 

・過度な飲酒・喫煙を控える
飲酒や喫煙は血圧を上昇させ、その結果鼻の毛細血管が切れてしまい鼻血が出やすくなります。リラックスのために適度にたしなむのはかまいませんが、過度な飲酒・喫煙は控えるようにしましょう。

 

・ビタミンCを摂る
上でビタミンC不足が鼻血の原因だと書きました。そこで「なあんだ、ビタミンCをたくさん摂れば鼻血は解決するんじゃない?」と思われる方は多いでしょう。ところがビタミンCはいくら摂取しても、ある程度の量を超えると過剰摂取分はすべて体外に排出されてしまうのです。

ですので、1回に200mg程度を1日3回サプリメント(または食事)で摂取した後は、過剰に摂取しないほうがよろしいかと思います。それでも多少の効果はあらわれてくると思いますが、やはり根本のストレスを解消できるような生活スタイルにしていきたいですね。

鼻血が止まらなくなったときは、まずは自分の生活をふりかえり、過度のストレスがかかっていないかを考えて見ましょう。そしてストレスが原因かなと思ったら、十分な休息をとるようにしましょう。生活が改善されても鼻血が止まらないときは病院を受診してくださいね。

そして、鼻血と言えば、鼻血が出た後に口から痰のような血の塊が出てくることはありませんか?大抵は問題ないのですが、たまに重大な病気のサインの可能性もあります。もし心当たりのある方は【鼻血が止まらないと口から血の塊が…それ、飲み込んじゃってませんか?】こちらに一通り目を通して頂くことをお勧めします。知っておくと助かる事って、沢山ありますからね。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年7月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31