menu

生活の図書館

ダイエット方法~食事編~ ごはんを噛む回数を1日平均50回以上にする事で便秘解消し痩せる効果

記念すべき第1回は『ダイエット方法』について、お伝えしていこうと思います。ダイエットと言って1番に思い浮かぶのが食事制限によるダイエット方法だと思います。ごはんを食べる量を減らすことで、単純にカロリー摂取も抑えられ、結果的に痩せるという手法です。しかし、この方法を何の知識もない人が実践するにはかなり危険な手法なんですね。

この方法を実践した友人Aがいて、その友人は食事を抜くダイエット方法を実践したことにより、1度フラフラして倒れかけた事があります。確かに、食事制限をすると確実に痩せます。しかし、いざ痩せても不健康なやせ型になるので、見た目にも元気がなく、見ていて病弱に見えてしまいます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

食べたいものを我慢せず食べるノンストレスダイエット手法 意識するだけで1週間で効果も

上記のような、病弱なやせ型をしてしまうの辛いですよね。あなたはそんなやせ型を望んでいないと思います。下手すれば、拒食症にも繋がり、食べたく手も食べられなくなっちゃいますからね。ですが、このブログをご覧いただいているあなたは、もう大丈夫です。食事を食べる量を減らさなくても勝手に痩せていく究極の方法をお伝えいたします。

早速そのダイエット手法の答えをお伝えすると『食べる時に毎回50回、最低30回以上噛む』これだけです。「なんだ、そんな事かよ」と思ったとすれば、今回の話をお伝えし甲斐がありすぎるというものです。食事の時は良く噛む。当たり前ですよね。あなたが小さいときにも親から「良く噛んで食べなさい」なんて言われていたと思います。

ただ、改めて考えてみてほしいのですが『良く噛んで食べていますか?』恐らく大抵の方は1回の食事を10分程度で済ませているのではないでしょうか。上記の方法で食事をすると、最低でも15分以上はかかるはずです。「良く噛むのは分かった」と。それではなぜ良く噛むことでダイエットに繋がるのかについて、解説していきたいと思います。

難しく説明することはいくらでも出来るのですが、真実というのは非常にシンプルなもので、単純に『あなたの胃の労働時間を短縮することが出来るから』なんですね。要するに、良く噛むことでもちろん食材は口の中で小さく砕けると思います。十分に口の中で砕いてから飲み込むと、胃の中での消化活動が短時間で済むのは想像できると思います。

レンガより、砂の方がスコップで掘りやすいですよね。良く噛まずに飲み込むという事は、レンガをスコップで掘るようなものです。これじゃあ消化不良になるのは当たり前ですよね。消化不良になった食べ物がどうなるかご存じでしょうか?恐ろしい事に、皮下脂肪へと変化してしまうんですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

そして、上手く消化できないと、便も良い形を作れません。なので便秘にもなりやすく、宿便も溜まり、それが体重増加へと繋がってしまいます。『良く噛んで食べる』これ、意外と軽視していたのではないでしょうか。実はこれだけのメリット『実はまだまだ沢山ありますが、その効果については別の機会にお伝えします』があったんですね。

私の友人にこの事実をお伝えし、1か月ほど『良く噛むダイエット』を実践してもらった所、平均して体重が2キロ減少したんですね。このままいけば、停滞期は訪れるものの、半年で6~10キロは痩せることになるでしょう。さて、ここまでの話を聞いたあなたは、これからの食事が早く食べたくて仕方がないと思います。

良く噛めば、単純にご飯も美味しいですからね。好きなごはんを食べているのに痩せるという所が、最も魅力的だと思います。今はまだ半信半疑かもしれませんが、是非、今回の話を信じて、良く噛むことを実践してみて下さい。単純に胃が弱い人は、胃が強くなり、体質改善にも繋がったりと、良いことだらけです。

そして、この方法を実践してみて、まず想像以上に顎が疲れる事に気づくでしょう。実は噛むという動作だけでもダイエットに繋がるんですね。是非今日から実践して欲しいと思います。何か疑問や、やってみた感想があれば、コメントもしくはお問い合わせからメール頂ければと思います。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031