menu

生活の図書館

春キャベツで簡単レシピ!電子レンジで作る激ウマ蒸しサラダ

キャベツは1年中スーパーに売っていますが、一般的なキャベツは冬が旬です。そして春先になると「新キャベツ」「春キャベツ」と言ったものが多く出回るようになります。実は普通のキャベツと春キャベツは品種が違うのです。

春キャベツはその名のとおり春が旬のキャベツです。普通のキャベツ種と比べて形が丸くて小さく、葉が柔らかいのが特徴です。今回はこの春キャベツを使ったおいしい蒸しサラダの作り方をご紹介いたします。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

とっても簡単!春キャベツと電子レンジで激ウマ蒸しサラダに挑戦

電子レンジは固い食材の下ごしらえやちょっとした調理をするのにとっても役に立つ道具ですね。今回は春キャベツを使った簡単でいて激ウマな蒸しサラダの作り方をご紹介します。

~春キャベツの蒸しサラダ 基本の作り方~

1.キャベツをちぎり、ボウルに入れてぬるめ(50~60度)のお湯に2分ほど浸し、汚れを落とす。
2.1.を耐熱皿にのせ、ラップをかけてレンジ(500w)で1~2分チンする。
3.お好みのドレッシング、ポン酢、鰹節、しょうゆなどをかける。

基本これだけで完成です。とっても簡単ですね。

アレンジしたいなら3.の時に缶詰のツナやコンビーフ、コーンなどを混ぜるといいですし、2.の段階で切り目を入れたウインナー(切り目を入れないと破裂します)を一緒に入れてもいいと思います。レンジに入れる前に溶き卵なんかを一緒に入れると栄養価がぐっとあがりそうですね。

味も自分のお好みで召し上がってください。ツナやコーンを入れるならマヨネーズなんかも合うと思います。キャベツを電子レンジ加熱して召し上がることによって、こんな効果が得られます。

~キャベツの豆知識~
キャベツもそうですが、葉野菜にはビタミンCという栄養が豊富に含まれています。ほうれん草などもそうですね。有名な話ですがこのビタミンCは水溶性なので、ゆでて調理するとお湯に溶け出してしまい、大部分が失われてしまいます。

それなら生で、というのもいいのですが、生ではそんなに大量に食べられませんよね。それにもちろん調理をした方がやわらかくておいしいです。そこで、電子レンジで加熱調理するのがビタミンCを効率よく摂取するためのベストな調理法ということになるのです。(ただし加熱しすぎるとビタミンCが壊れてしまいますので、1~2分の加熱がベストです。)

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

加熱することでかさが減り、葉も柔らかくなって食べやすくなります。ちなみに炒めるとやはりビタミンCは減るのですが、カロテンという成分が油と一緒に摂ることによって体内に吸収されやすくなります。たまには炒めるのもおすすめです。

また、キャベツにはビタミンUという成分も豊富に含まれています。ビタミンUは胃や十二指腸の粘膜を保護する働きをしてくれます。そのため毎日1食献立にキャベツを加えることで、胃や十二指腸の潰瘍を予防できる効果が期待できます。

~まとめ~
キャベツの栄養を全部摂取するには生で食べるのがいいのですが、味や食べやすさを考えると、電子レンジで1~2分加熱しお好みの味で召し上がる方が満足感を得られます。簡単キャベツサラダを毎日1食に取り入れ、胃潰瘍を予防しましょう!

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031