menu

生活の図書館

大阪造幣局でお花見堪能!桜の通り抜け2016の開花予定はいつ?

大阪造幣局にある「桜の通り抜け」をご存知でしょうか?「桜の通り抜け」は全長560mにもわたる桜並木を一方通行で歩き、様々な種類の桜を楽しめる大阪の有名な花見スポットです。

その桜の種類はなんと全131種類、約350本もあるそうです。それだけの種類の桜を一度に楽しめるのはなんだかお得な感じがしますね。今回は2016年のお花見シーズンに向けて、この「桜の通り抜け」の開花予想、楽しみ方を徹底的にお教えしちゃいます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

今年も大阪造幣局でお花見!桜の通り抜けの楽しみ方 気になる2016年の開花予定はいつ頃?

大阪造幣局の「桜の通り抜け」は大阪では知られたお花見スポットです。2016年の開催予定がいつなのか気になるところですね。

~気になる開花予定、開催日予定について~

大阪の桜の開花は平年3月28日ごろとされています。開花日のデータでは2014年が3月27日、2015年が3月26日となっていますので、2016年も大体26~28日頃に開花するのではないでしょうか。

そして日本の桜で多い品種「ソメイヨシノ」などは、開花日から約1週間で満開となり1番の見頃になりますが、「桜の通り抜け」は遅咲きの品種が多いため、満開宣言よりも遅めの開催になるのが通例になっています。
(例えば2015年は3月26日開花、4月1日満開で、「桜の通り抜け」は4月9日から4月15日に開催されました。)

「桜の通り抜け」の初日は平日になるのが通例なので、例年通りに4月1~2日ごろ満開になるとすれば4月8日(金)か4月11日(月)が「桜の通り抜け」の開催開始と予想します。

「桜の通り抜け」開催日はニュースなどでお知らせされますが、造幣局のHPに3月頃に掲載されますので、時期が近づいたらチェックしておきましょう。
http://www.mint.go.jp/(独立行政法人 造幣局)

今年は暖冬傾向にあるので、もしかしたら開花が早くなる=「桜の通り抜け」開催日もこの予想より早まる可能性があります。3月中旬からはHPをこまめにチェックしておきたいですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

~「桜の通り抜け」の楽しみ方~

「桜の通り抜け」はなんといってもたくさんの種類の桜が大集合しているスポット、園芸マニアにはそれだけで垂涎ものでしょう。そんなに園芸に詳しくない、という方でもそうそう見たことのない桜を何本も見られ、とても美しいので感動すること間違いなしです。

桜の名所は全国にたくさんありますが、1箇所で100種類以上の桜が見られるのは「桜の通り抜け」だけなんですよ!ただしここはその名のとおり「通り抜け」なので、レジャーシートを敷いてゆっくり飲食しながら見る、ということはできません。そもそも飲食禁止なので注意してくださいね。

造幣局周辺には毎年たくさんの屋台が立ち並びますが、飲食物は桜見物のあとに食べるか、通り抜け中はしまっておきましょう。もし桜を見ながら飲食がしたい場合は近くの「毛馬桜ノ宮公園」へ行きましょう。ここも桜が綺麗ですよ。

~まとめ~
・2016年の「桜の通り抜け」開催予想は4月8日(金)か4月11日(月)から1週間です。
・飲食は近所の「毛馬桜ノ宮公園」で。

「桜の通り抜け」、開催が楽しみですね。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031