menu

生活の図書館

グレープフルーツは超低カロリー!1個100kcalで健康効果にも期待大

少し苦味があるけれど、さっぱりしていてジューシィな果物、グレープフルーツ。そのまま生食ももちろんいいですが、ミキサーでジュースにするのもおいしいですし、搾った果汁をお酒に入れてもおいしいです。

さてそんなグレープフルーツですが、実は健康や美容にいい成分がたっぷり含まれた食品だということをご存じでしょうか?今回はグレープフルーツの健康効果について書いていきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

低カロリーながらも健康効果がすごい!1日1個のグレープフルーツで健康生活

グレープフルーツは1個100kcalと低カロリー(ご飯0.5膳分)ながら、その中には健康効果が高い栄養成分がギュッと詰まっています。具体的には食物繊維、ビタミンB郡、ヌートカトン、リモネン、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、カリウム、食物繊維、クエン酸などです。

それではこれらの栄養成分が体にどのような恩恵をもたらすのかを、以下に解説していきたいと思います。

・ビタミンC
果物や野菜によく含まれているビタミンC。風邪やインフルエンザの予防に役立ちます。実際に野菜をあまり食べない生活をしていると風邪を引きやすくなります。

シミの元になるメラニン色素沈着を防ぐ効果があるので美容的にも重要な栄養です。他にもがん予防や血管を強くするのにも役立つといわれています。ビタミンCは体内で生成できないので、食品から補う必要があります。グレープフルーツならば1個で1日に必要なビタミンCの大部分を摂取できます。

・ヌートカトン、リモネン
グレープフルーツダイエットの記事でもご紹介した成分ですが、主にグレープフルーツの香りに含まれている成分で脂肪燃焼を促進させる効果があります。香りをかぎながら運動をすることで体内脂肪や体重を減少させてくれます。またリモネンにはがん予防効果があるとされています。

・ビタミンB郡(イノシトール)
ビタミンBの一種とされるイノシトールは血管内の脂肪やコレステロールの流れをよくする効果があります。そのため脂肪肝や高脂血症の予防に役立ち、またうつ病などの改善にも効果があるといわれています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

・カリウム
カリウムには心臓や筋肉の正常な収縮を助け、糖代謝を促進させる効果があります。

・食物繊維(ペクチン)
整腸効果があり、便秘が解消されます。

・クエン酸
酸味の元となるクエン酸。レモンや梅干などにも豊富に含まれていることでおなじみですね。クエン酸には疲労回復効果があり、疲れた時に食べると疲労が回復します。

いかがでしたでしょうか、グレープフルーツにはこんなにもたくさん健康にいい成分が含まれているのですね。ちなみにグレープフルーツの身を食べ終わった後の皮はガス台の油汚れの掃除に使えます。また水きりネットなどに入れて湯船に浮かべると、お肌の乾燥やかさつき改善に効果があるそうですよ。

~まとめ~
・グレープフルーツは脂肪燃焼、風邪予防、がん予防、脂肪肝予防、便秘解消、疲労回復に効果テキメン!1日1個食べましょう

ただしグレープフルーツと相性の悪いお薬(高血圧の薬など)が何種類か存在します。常用している薬がある方は、グレープフルーツを食べても大丈夫か確認してから食べてくださいね。

ちなみに、ここまで記事をご覧の方は、なんとなく感づいていると思いますが、グレープフルーツにはダイエット効果があります。脂肪燃焼の効果もありますので、上手く活用すればあなたのダイエットに十分すぎる程の役割を担ってくれます。さらに深く知りたい方は『グレープフルーツでダイエット効果あり!やり方&方法を完全攻略!』をご参照下さい。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年5月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031