menu

生活の図書館

アオリイカの刺身の冷凍保存~解凍方法のやり方を徹底解説

むちむちと肉厚で噛めば噛むほどとろりとした甘みが出てくるアオリイカ。生のお刺身で食べるとよりいっそうその美味を堪能できます。このアオリイカのお刺身ですが、スーパーで買ってきたアオリイカを自宅でさばいて作ると安上がりにいただくことができます。

ところで「生のアオリイカはアニサキスが怖いなあ。」と思っている方もおられると思います。ですがご安心ください。実はアニサキス、イカの身を冷凍保存することで死滅させることができるのです。というわけで今回はアオリイカの刺身を冷凍保存する方法と、解凍方法を徹底解説いたします。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

美味しいアオリイカのお刺身 冷凍保存と解凍方法のやり方を徹底解説

アオリイカのお刺身の冷凍保存方法・解凍方法を書いていく前に、まずはアオリイカのお刺身の作り方から書いていきます。

1.内臓・目・くちばし・げそ・皮・軟骨・えんぺらなどを取って下ごしらえしておいたイカの身に小さな隠し切込みを包丁で入れます。切れ込みはイカの繊維に沿って縦に何本か入れましょう。舌触りがよくなります。

2.隠し切りこみと垂直になるように、刺身のように細長く切っていきます。

これで完成です。ちなみにゲソの部分も生でお刺身としていただくことができます。

さて無事にお刺身にしたアオリイカ、食べない分はさっさと冷凍保存しましょう。イカを買って来たその日のうちにさばいて冷凍保存すれば1~2ヶ月は持ちますので、なるべく当日中に冷凍してくださいね。

冷凍する時はラップに包み、ジップロックなどの密封袋に入れて保存開始年月日を書いておきます。できるだけ袋の中の空気を抜いて密閉状態で冷凍庫へいれます。解凍する時は冷蔵室でゆっくり解凍するか、お急ぎの時は流水で解凍しましょう。ちなみにお湯を使って解凍する方法もあります。

45℃程度のお湯の中に密閉されているイカを浸けます。すると5分ほどで解凍できます。急いでいる時にはこの方法で解凍するのもいいですね。ただしできるなら冷蔵室でゆっくり解凍した方が、甘みが逃げずにおいしく解凍できます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

~イカによくついている寄生虫アニサキスについて~

魚介類によくついている寄生虫アニサキス。生きたまま人間の体内に入ってしまうと腹痛を起こすやっかいな寄生虫です。加熱すれば死滅しますが、生でお刺身として食べたい場合は24時間以上の冷凍で死滅させることができます。

また最初にイカを下処理でさばく時によく観察するとうねうね動いているアニサキスを発見することができます。発見したらできる限り除去し、体内に入るのを防ぎましょう。

~まとめ~

・アオリイカの下処理は当日中に。食べない分はさっさと冷凍をしてしまう
・アニサキスが心配な時は一旦冷凍したお刺身を解凍して食べるか、下処理の時にいるかどうかよく確認しておく。

ちなみにスーパーで売っているアオリイカは一旦冷凍されたものなどもありますので、あまりアニサキスを見ることはないです。イカ釣りなどで釣ってきたばかりのイカにはたまにいることがあります。アオリイカのお刺身はお店で食べるとお高いですが、家庭で作れば1/2~1/3ぐらいの値段で食べられます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

~関連記事~
アオリイカのさばき方!簡単に捌くコツや保存方法を解説

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031