menu

生活の図書館

ノートパソコンでキーボードが打てないときの対処法と直し方3選

ノートパソコンを使っていて突然キーボードが反応しなくなった経験、ありませんか?デスクトップパソコンならキーボードを一旦外して再接続したり、新しいキーボードを接続してキーボードの故障なのかパソコン側の故障なのか試すことができますが、ノートパソコンですと取り外しが難しいですよね。

今回はそんなノートパソコンのキーボードが反応しなくなった時に、試すといい方法をいくつかご紹介いたします。

 

【スポンサードリンク】

 

ノートパソコンのキーボードが打てないときどうすればいい?すぐにできる対処法

ノートパソコンのキーボードが打てなくなったときには、何らかの拍子にキーボードのドライバが削除されたか、キーボードに故障が発生したのか、はたまたパソコン内のマザーボード自体が故障したのか……などなど様々な原因が考えられます。

ここではとりあえずキーボードが打てなくなった時に試すべき方法をご紹介します。

その1.(キーボードもマウスも動かない場合)パソコンを強制終了する

どんな異常が起こった場合でも、どのOSでも、まずは「再起動」を試しましょう。大抵の不具合はこれで直るといっても過言ではありません。ただしキーボードやマウスなどが動かない場合は再起動操作ができませんよね。そんなときはパソコンの電源ボタンを長押しして強制終了しましょう。

パソコンに負荷がかかるので、ボタン長押しでの強制終了はあまり頻繁には行わないようにしたいのですが、キーボードもマウスポインタも操作できない場合は仕方がありません。

無事強制終了できた後は、少し時間を置いてからもう一度パソコンの電源を入れましょう。電源を入れた後「Windousエラー回復処理」が行われるので、そのまま何もせず回復を待ちます。

そして無事ホーム画面が立ち上がったら、もう一度通常のシャットダウン操作を行います。そして再度電源を入れて問題なくキーボードやマウスが動くかどうか確認しましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

その2.(キーボードは反応せず、マウスポインタは動く場合)ドライバを確認してみる

マウスポインタは操作できるという場合、ドライバの確認をして見ましょう。マウスで「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「システム」→「デバイスマネージャ」とクリックしていきます。(古いOSは「コントロールパネル」→「システム」→「ハードウエア」→「デバイスマネージャ」とクリックしていきます)

するとパソコンにインストールされているデバイス一覧ツリーが表示されますので、その中の「キーボード」を探します。「キーボード」のところにもし黄色の「!」マークがついていたら、デバイス認識に問題があるということなので、ドライバを再度入れなおすとキーボードが復活します。

「キーボード」をクリックして「コンピューターを参照してドライバソフトウエアを検索」をクリックし、ドライバを入れなおしましょう。

その3.キーボード交換か本体を修理

その1もその2もダメだった場合、パソコン購入時の説明書に書いてある相談窓口などに電話をしましょう。もしも保証期間内でしたら点検修理に出した方がいいと思います。

またタッチパッドやキーボード内に飲み物や食べ物をこぼした、ホコリが詰まっているといったことで不具合が起こる場合があります。ホコリや食べかすは普段からエアーダスターなどを使ってきれいに掃除しておきましょう。できることならパソコン側での飲食はなるべく控えてくださいね。

~まとめ~

ノートパソコンのキーボードが動かない時にすべきことは

1.再起動、または強制終了
2.キーボードドライバの入れなおし
3.修理に出す

この3つです。大抵は1か2で直りますので、ぜひ試してくださいね。

【関連記事】
キーボード入力がおかしい・・・ローマ打ちができない場合の対処法

 

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031