menu

生活の図書館

キーボード入力がおかしい・・・ローマ打ちができない場合の対処法

キーボードを打っていて、今までローマ字で入力していたのにうっかり変なところを押してしまってかな入力になってしまうこと、ありませんか?または家族と共有しているパソコンを親はかな入力で使っているので、ちょっと親の後に使いたいと思って使おうとするとかな入力なのでとまどったりした経験をお持ちの方は多いと思います。

昔のワープロはかな入力だったので、ワープロに慣れた世代はキーボードをかな入力で使っている方が多いようです。今回はこんな「ローマ字入力に変換できなくて困った!」を解決する方法をお教えいたします。

 

【スポンサードリンク】

 

キーボードの入力がおかしくなった時 ローマ字とかな入力の切り替え方!

キーボードの入力がおかしくなった時、おもにかな入力とローマ字が切り替わってしまっている時と、ローマ字入力のつもりなのに英字入力になってしまった時の解除法についてお教えいたします。まずはかな入力とローマ字入力の切り替え方からです。

その1.「カタカナひらがなローマ字」キーと「Alt」キーを同時押し

日本標準のキーボードをお使いの方はスペースバーの右に「変換」キー、「カタカナひらがなローマ字」キー、「Alt」キーの順に並んでいると思います。

このうちの「カタカナひらがなローマ字」キーと「Alt」キーを同時に押すと、押すたびにかな入力とローマ字入力が切り替わります。この方法が一番簡単にローマ字入力に変換できるので、覚えておくといいでしょう。

その2.IMEツールバーで切り替える

「IMEツールバー」をご存知でしょうか。パソコンを立ち上げると表示される小さなツールバー(キーボードのミニアイコン、「あ」、「般」などの文字が並んでいます)です。デスクトップ上に表示されてない場合はコントロールパネル→言語→言語バーをデスクトップ上に表示する、と選択していくことで出すことができます。

(言語バーの出し方はお使いのOSのバージョンによって微妙に違いますので、「(使っているOS名) 言語バー 出し方」で検索してみてくださいね)

Windows8で言語バーをデスクトップ上に表示したい場合は「プログラム」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」→「言語」→「言語の設定の変更」→「詳細設定」→「入力方式の切り替え」→「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックをつけ、「保存」ボタンをクリックします。

言語バーを表示すると、キーボード入力の表示をマウスで切り替えることができるようになります。具体的にはツールバーの右端に「CAPS」「KANA」というボタンがありますので、「KANA」ボタンをマウスでクリックします。クリックするたびにかな入力とローマ字入力が切り替わります。

次に、ローマ字と英字の切り替え方です。

 

【スポンサードリンク】

 

その3.「Caps Lock」を解除する

よく困ることとして、ローマ字入力をしていたのに突如英字入力になってしまって困ること、ありませんか?これはうっかり「Caps Lock」キーを押してしまっていることが原因です。「あ」を入力しようとするときによく間違えて押してしまいがちです。

突如「あ」が「A」になった時は、慌てずもう一度「Caps Lock」キーと「Shift」キーを同時押し、もしくは「Caps Lock」キーのみを押しましょう。元の入力方式に戻ります。これも言語バーの「CAPS」ボタンをマウスでクリックすることでも切り替えることができます。

ちなみに「パスワードが通らない!」というときも大体「Caps Lock」キーを間違えて押してしまったことで小文字が大文字になっていたりすることが原因なので、解除してみるとちゃんと通ったりします。

~まとめ~

1.かな入力とローマ字入力の切り替えは「カタカナひらがなローマ字」キーと「Alt」キーの同時押しで
2.「Caps Lock」の解除は「Caps Lock」と「Shift」キーの同時押し(もしくは「Caps Lock」のみを押す)

覚えておくといざというときに慌てずにすむでしょう。

【関連記事】
ノートパソコンでキーボードが打てないときの対処法と直し方3選

 

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031