menu

生活の図書館

京セラドームへのアクセス 新大阪からの行き方や最寄り駅情報を徹底解説!

京セラドーム(京セラドーム大阪、大阪ドーム)は、大阪市西区にある多目的ドーム球場兼複合レジャー施設です。オリックス・バファローズの本拠地なので野球の試合が多数行われていますが、他にもコンサートやイベントなどもよく開催されています。

そのため京セラドームには関西圏のみならず、関東や他の地域からも人がたくさん集まります。今回は関西圏以外の人がまず始めに訪れるであろう「新大阪駅」から行く京セラドームへのアクセスについて解説していきます。

 

 

新大阪から行く京セラドームへのアクセス!行き方をご紹介

それでは新幹線に乗って新大阪駅に着いたその後の京セラドームへの行き方、について、2つのアクセスに分けて詳しく解説します。

 

ルートその1.御堂筋線乗換えでドーム前千代崎駅(長堀鶴見緑地線)に行く方法

乗り換え手順としては以下のようになります。

1.新大阪駅の御堂筋線ホームへ行く
(新幹線で来た場合、新幹線ホームから2Fコンコースに降り、南口改札を出て、右側(岡山方面)に徒歩3~4分で御堂筋線ホームに入れます。)

2.御堂筋線のなかもず方面行きに乗り、心斎橋駅で下車して長堀鶴見緑地線の大正行きに乗ります。

3.「ドーム前千代崎駅」で下車、東口ホームから改札を出て、1番出口から出ます。出口からまっすぐ進むと京セラドームが見えてきますので、あとは京セラドームまで徒歩で向かいます。(徒歩2分ほどで着きます)

このルートは一番運賃が安く済みますし、電車に乗っている時間も20分ほどです。ただし乗り換えが1回ありますので、都会に不慣れな方は迷ってしまうかもしれません。とりあえずは新大阪駅から赤いラインに乗って、心斎橋で黄緑のラインに乗り換え、と覚えてください。

ちなみに私なんかは北陸住まいですが、大阪に用事があるときは、大抵はサンダーバードで大阪駅まで行って、すぐ側の御堂筋線梅田駅から乗っていくことが多いです。

 

ルートその2.JR大正駅から行くルート

「地下鉄での乗換えが不安!」そんな方におくるルートです。新幹線で新大阪(または特急で大阪駅)に着いたら、そのままJR大阪環状線に乗り換えてJRで「大正駅」に行きます。

大正駅で下車すると駅の案内の地図に「これでもか!」という感じで京セラドームまでの案内が書いてありますので、それに従って進むと京セラドームまで難なく行けます。まず迷うことはまずないでしょう。(それでも迷ったら駅員さんへ尋ねてくださいね。)

なんにせよ地方から来るときは新大阪が拠点となりますので、地方から来て宿泊したいときは、新大阪駅近辺に宿を取るとどこに行くにもスムーズに行動できます。

ルート1.で京セラドームに行った時は心斎橋乗換えですので、時間があるときにそのまま心斎橋で降りてあの有名なグリコの看板を見たり、なんばグランド花月で吉本新喜劇を見ていくのもオススメです。

食事やお土産に関しては新大阪~大阪~梅田のあたりにはお店がとってもたくさんあるので、観光ガイドやネット検索を片手にぶらぶらしてみるといいでしょう。

 

~まとめ~

京セラドームに行くには、地下鉄を使う方法とJRを使う方法があります。

・地下鉄を使う場合はJR新大阪駅→新大阪駅(御堂筋線)なかもず方面行き→心斎橋で長堀鶴見緑地線大正行きに乗換え→「ドーム前千代崎駅」下車。
・JRで行く場合はJR新大阪駅→大阪環状線ホームへ移動→「大正駅」下車(環状線なのでうっかり方向を間違えても辿り着きます。安心ですね。)

ついでに大阪での観光も楽しんでくださいね。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年7月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31