menu

生活の図書館

おでこニキビはストレスが原因か 予防法を徹底解説

ふと鏡をのぞくと「あれ?こんなところに吹き出物が!ニキビかな・・・」と思うこと、ありませんか?ニキビといえば思春期にできがちなイメージがありますが、実は大人でもニキビができる時があります。

そしてなんと大人のおでこにニキビが発生する原因に、ストレスが深~く関わっているらしいのです!今回は大人のおでこにできるニキビについて、ストレスが原因で起こる場合と、その対処法をお教えいたします。

 

【スポンサードリンク】

 

おでこにニキビができる意味とは ストレス溜めていませんか?

おでこのニキビには、ストレスが溜まっているという意味があるのでしょうか?その話をする前に、まずはなぜニキビはできるのかということで、思春期ニキビの話からしていこうと思います。

思春期にニキビに悩んだことのある方は多いはずです。そもそもニキビが思春期に多く出てしまうのは、皮脂の過剰分泌によるものだといわれています。

第二次性徴によるホルモンバランスの急激な変化により男性ホルモンが過剰に分泌され、その男性ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂を過剰分泌します。(女性でも男性ホルモンは分泌されますよ。逆に男性でも女性ホルモンが分泌されます。)

過剰分泌された皮脂が毛穴につまり、その皮脂を栄養分にしてにきびの原因菌であるアクネ菌が増殖し、炎症を起こして赤くなります。その赤い湿疹がいわゆる「ニキビ」です。

特におでこや眉間、髪の生え際などといった部分は皮脂分泌が多く汚れが溜まりやすいうえに、髪が触れやすいためニキビが発生しやすい部分です。そのため「ニキビがいっぱいあって恥ずかしいから」と前髪でおでこを隠してしまうと、不潔な状態が続き余計にニキビが増殖してしまいます。

こうした思春期ニキビへの対策は絶対につぶさずに、しっかり洗うことが重要です。つぶさないように気をつけてしっかり洗ったあとは、きちんと保湿剤をつけましょう。なお、おでこのニキビは洗髪時のシャンプーやトリートメントをしっかりすすぎ、おでこに流れてこないようにする事が重要です。

 

【スポンサードリンク】

 

ですが思春期を過ぎてホルモンバランスが落ち着いてきた20代以降でもニキビができる場合があります。実はホルモンバランスは第二次性徴時でも乱れますが、ストレスによっても乱れるのです。なので、大人になってもニキビができる場合は、ストレスによるホルモンバランスの乱れからの皮脂の過剰分泌を疑ってみましょう。

不規則な生活で睡眠不足になっていませんか?特に肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時~深夜2時までの間はきちんと寝ていますか?ゴールデンタイムできちんと寝ていない場合、肌の再生サイクルを乱してしまい、結果ニキビの原因となってしまいます。睡眠不足自体もニキビの悪化に追い討ちをかけてしまいます。

夜は早めに就寝し、睡眠をきちんと取りましょう。またニキビができた部分を洗う際は、思春期ニキビの洗い方と同じく、しっかり洗顔して保湿ケアをしましょう。

 

~まとめ~

・大人のおでこニキビはストレスが原因でできることが多い。きちんと睡眠をとろう!
・洗う時はしっかり洗顔し(つぶさないように!)、洗浄後保湿ケアをする。

しっかり寝て、ニキビサイクルから脱却しましょう!

【関連記事】
おでこのしわが無い部分からはげる!?その原因や対処法を解説

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031