menu

生活の図書館

窓のカビの綺麗な落とし方と掃除方法のまとめ ピカピカ窓に大変身!

冬は窓ガラスが結露する季節。放っておくとカビが生えるので、毎日結露とりに励んでいる方は多いことでしょう。しかし春先になってきてようやく窓が結露しなくなり、やれやれとほっとしたのもつかの間、窓枠やカーテンの裏にカビを発見してしまいへこむものです。今回は結露とりをしていても出来てしまう頑固な窓のカビを、綺麗に落とす方法をお教えします。

 

【スポンサードリンク】

 

窓や窓枠のカビの落とし方 ご家庭にあるもので簡単お掃除!

 

では具体的な窓のカビの落とし方、掃除の仕方をお教えしていきます。

 

~窓ガラスのカビの落とし方~

 

・方法1.住宅用のスプレー式中性洗剤を使う

スプレー式の中性洗剤を買ってきて、窓のカビている部分に吹き付けます。しばらく置いてから水ぶきすると、カビが綺麗にとれます。中性洗剤をわざわざ買ってくるのが面倒な場合は、台所用洗剤(中性)で代用できます。

台所用洗剤をカビの生えている部分につけて、しばらくおきます。その後水で雑巾を塗らして水ぶきすれば綺麗に取れます。

 

・方法2.カビ用スプレー洗剤を使う

上記でも取れなさそうな頑固なカビ(黒くて広範囲にこびりついている)には、カビ用のスプレー(塩素系漂白剤)を使いましょう。ただしカビ用スプレーは畳やフローリングに付くとその部分が変色してしまいますので、畳やフローリングに付かないようにしましょう。使う前に畳やフローリングの上に古いタオルや新聞紙を敷いて保護します。

準備が出来たらカビにスプレーした後、ラップなどで覆ってしばらく置いてから、よく水ぶきしてください。カビが綺麗に取れます。捨ててもいいようなぼろ布をたくさん用意しておくと後始末が楽です。

塩素系の漂白剤を密室で使うと気分が悪くなってきますので、必ず換気をしながら作業を行いましょう。そして次に、窓のサッシに付いたカビの落とし方を説明していきます。窓のサッシのゴムパッキンに付いたカビなどは少々厄介ですが、ご家庭にあるもので十分落とせますよ。

 

【スポンサードリンク】

 

~窓枠のカビの落とし方~

 

・方法その1.片栗粉で落とす

片栗粉と台所用塩素系漂白剤が家にあるなら、これらを使って窓枠のカビをとることが出来ます。

用意するものは

・片栗粉
・台所用塩素系漂白剤
・手袋
・容器(バケツなど)
・キッチンペーパー、新聞紙など

です。

手順としては

1.片栗粉(大さじ1)と漂白剤(大さじ1)を容器の中で白い泡状になるまで混ぜます。
2.窓枠の水気を乾いた雑巾などで綺麗に取り、窓枠の下にキッチンペーパーや新聞紙を敷きます。
3.窓枠の黒カビの上に、1.を塗ります。
4.5分ほど置いたら濡れティッシュなどで3.を綺麗にふき取ります。

これでカビをかなり綺麗に取ることが出来ます。手が荒れますので必ず手袋を着けて作業を行ってくださいね。ちなみにこの片栗粉漂白剤ブレンド、浴室の黒カビ取りにも使用できます。手順は同じです。(水分をふき取ったカビの上に塗り、5分ほど置いてから洗い流す)ぜひお試し下さい。

 

~まとめ~

・頑固なカビには市販のカビ用スプレーもいいですが、片栗粉と台所用漂白剤を混ぜたものを塗っても綺麗に落ちます。
・どちらも使用前に捨ててもいい紙等を敷いてから使用しましょう。(液だれが床に付くことでの変色を防ぐため)

春の暖かい空気を感じつつ、掃除を行っていきましょう。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年5月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031