menu

生活の図書館

窓にカビが生える前に・・・やるべき防止対策をまとめてみた

窓にカビを生やさないよう、できれば毎日結露をふき取りたいですね。結露の取り方と、結露しないように台所洗剤でコーティングするやり方は以前ご紹介しました。
→「窓の水滴が酷い!冬に実践する結露対策や防止方法まとめ

そもそもやっかいな結露をあまり発生させないよう、普段から結露防止策を実施していきたいですね。今回は結露を発生させない防止策について、ご紹介していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

窓だけじゃない!カビの原因になる結露 防止のための対策とは

窓の結露は目立ちやすいため、窓の結露除去を毎日している方は多いと思いますが、結露はおうちの中のいろいろな場所にできます。それぞれの場所の防止対策についてまとめてみます。

 

・ 窓、窓のサッシ
室内に暖房をかける冬は、外と部屋の温度差によって外気に触れている窓ガラスに結露がびっしり。一番目立つため、結露対策の必要性を考えてしまいますね。また金属製の窓サッシにも水滴がたくさん付いています。

結露を防ぐには、何より外気との温度差を無くしてしまうのが一番!というわけで、オススメは窓に梱包材のプチプチ(エアクッションシート)を貼ることです。プチプチに含まれている空気は断熱効果を高めてくれ、室内外の温度差の解消に役に立ちます。

プチプチはホームセンターに行けばたくさんの種類が売られています。ちなみにサッシについてしまう結露を吸い取ってくれるテープも売られていますので、これを使って貼れば断熱効果プラス結露を吸い取ってくれて一石二鳥です。

そのほかの注意点として、湿気を少しでも逃がすため窓のカーテンは毎日開けましょう。カーテンを開けない部屋は作らないようにしましょうね。

 

・ 玄関扉
金属製の玄関扉はよく結露で冬場しっとりと濡れていることが多いです。玄関扉も外気に接している部分なので温度差の影響を受けやすいのですね。ここも放っておくと春には垂れた水滴が下のほうでカビになっていたりするので、結露はなるべく拭き取りたいものです。玄関には市販の結露防止テープをドア枠に沿って貼ってみましょう。断熱効果もアップします。

 

【スポンサードリンク】

 

・ 壁
外気との境目にある壁や、暖房されている部屋とされていない部屋の間の壁などは内部が結露することがあります。湿気で壁紙が剥がれてきていたり、壁にカビができてきたら要注意です。

対策としては加湿器などを使用しない、なるべく換気する、冬場に室内に洗濯物を干す時は除湿器を使ったりしてみるなどがあげられます。また結露しやすい部屋を徹底的に断熱するか、家中を温めて温度差をなくすかして、結露を発生させないようにしてみましょう。もしカビを発見した場合は、市販のカビ取り洗剤を使って取りましょう。

 

・ 押入れ
毎日湿気を吸い込んだお布団をしまう押入れも、室内との温度差によって十分結露が発生しやすい場所です。対策としては除湿剤を入れて湿気を溜め込まないようにしましょう。ちなみに押入れやクローゼットにカビが生えてしまった時はアルコール除菌洗剤を染みこませたボロ布やキッチンペーパーで拭き、拭いたものは捨てます。

その後しっかり壁に除菌洗剤を吹き付け、ふすまや扉を開けてよく乾燥させた後に、荷物をしまいます。乾いた後に押入れの底面に除湿シートを貼るのもオススメです。

 

~まとめ~
・ 結露対策は外気との温度差を少なくすることがポイント!
・ 窓にはプチプチ、玄関には結露防止テープなどを貼って、断熱効果アップ&結露防止

筆者の家の窓にはトイレの窓に至るまでプチプチが貼られています。結露しにくくなるのでオススメですよ。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年5月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031