menu

生活の図書館

こたつで寝るのは超危険!「だるい」「疲れる」では済まない場合も

最近は洋風のリビングにエアコンやファンヒーターを付けて、こたつを出さないご家庭も多いようですが、やはりリビングにこたつがあると「冬だな~」という感じがしますね。

こたつは何といっても暖かいお布団に包まれぬくぬく寝そべることができるのが最大の魅力です。座布団を折って枕にして、ついそのままうとうとと眠ってしまうのはとても気持ちがいいものです。

ですが、昔親に「こたつで寝ると風邪引くよ!」なんて注意されたことはありませんか?こたつで寝るのは気持ちがいいのですが、実は危険がたくさん!今回はこたつで寝るとどんな危険があるのか、解説していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

こたつで寝ると超だるい、疲れる・・・ それは体に起こっている危険のサインです!

こたつでうっかり寝てしまうとなんだか体がだるい、疲れたな、と感じることがありませんか?それはこんな危険のサインなんです!

 

~脱水症状~

こたつで寝て目覚めた後に「体がだるい」と感じてしまうのは、まず脱水症状が考えられます。こたつは下半身のみが局所的に暖められている状態のため、その局所的に暖められている部分が汗をかき、気づかないうちに体力を消耗しています。

起きていれば「のどが渇いたな」と感じて飲み物を飲んだりして脱水を防げますが、寝ている状態だと水分補給ができないため、どんどんと脱水が進行していきます。そのため起きたときに「なんだか体がだるいなあ」となってしまうのです。

そして「だるいなあ」「疲れたなあ」で済めばまだいいほうで、最悪そのまま目覚めず命を落としてしまうこともあるのです。これは脱水症状により血液がどろどろになり、血管中に血液の塊(血栓)ができてしまうことが原因です。

血栓が脳や心臓の中(心筋)にできれば、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。そしてそのまま亡くなってしまうわけです。

 

【スポンサードリンク】

 

~風邪~

「こたつで寝ると風邪を引く」は昔から言われてきた言葉ですが、実は科学的根拠があるのです。通常眠りに入ると、脳の体温調節中枢が快適な睡眠を維持するために体温を下げようとします。その時にこたつに入っていると下半身のみが熱いために、脳は「体温を下げるためには汗をたくさん出さなくては!」と判断します。

そして布団で寝る時よりも汗をたくさん出し、体温を下げようとします。こたつで寝ている場合は肩や上半身が出ていることが多く、たくさんかいた汗はそこから冷えていきます。体が冷え、なおかつ上で挙げたような脱水症状の進行により喉や口が渇き、喉や口にウイルスが付着しやすくなります。

そして風邪を引きやすくなってしまうわけです。風邪もこじらせると命の危険がある病気なので、できれば風邪を引くのは避けたいですね。

 

~まとめ~

・こたつで寝ると脱水症状・体の冷えを起こしてしまい、風邪を引きやすくなります。
・脱水症状が進行すると血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクがあがってしまいます。最悪命を落とすことも・・・

こたつは気持ちがいいのでついうとうとしてしまいますが、なるべくお布団で寝るようにしましょうね。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031