menu

生活の図書館

喉の奥に痰が絡むときの対処法と治し方五選 苦しい時はこの方法を

風邪をひいたときなどに喉に絡み付いて取れない痰、とても不快ですよね。別の記事ではこうした痰をスルッと出す方法として、「温かい水分を摂ること」「部屋を乾燥させないこと」をご紹介しました。ここでは苦しい痰とオサラバするために、さらに他の方法をまとめてみました。痰で苦しんでいる方のご参考になれば幸いです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

苦しい痰とはもうオサラバ!喉の奥に痰が絡む時の治し方

・そもそも痰って何?
痰とは喉や気管支などから分泌されるネバネバした液体のことです。なぜこのようなものが分泌されるのかというと、鼻や口を通じて空気中から入ってくる細菌やウイルスをこの分泌液に絡めて体外へ排出するためです。ですから痰はどんどん体外へ吐き出せばいいのです。痰をどんどん吐き出すことで体内のウイルスが減っていき、健康な体になります。

とはいえここで問題が起こります。体内に水分が少ないと痰に回せる水分も少なくなり、痰が固くなってしまいます。固くなった痰を無理やり出そうと咳き込むと、喉が痛くて苦しい思いをすることになります。そこで、別記事で紹介した「水分の摂取」「部屋の乾燥を防ぐ」ことが重要になってくるわけですね。

・水分摂取の他に、痰を切りやすくする方法
喫煙者の方は、禁煙すると痰が切りやすくなります。また喉を刺激しないために辛いものなど刺激の強い食べ物を避けることも効果的です。辛いときはお薬を飲むと症状が緩和されますよね。痰が出しにくいときには痰を切るお薬(去痰薬)というものがあります。処方薬と市販薬があり、もちろん処方薬のほうがよく効きますが、市販薬でも十分効果があるものもあります。

病院へ行く時間がない方は仕事帰りなどにドラッグストアで市販薬を購入するといいでしょう。「痰カット」「去痰」などと書いてある薬を選べば間違いないです。わからなければ薬剤師に相談するといいでしょう。薬は用法をよく読み、正しく使用しましょう。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

・痰の色がおかしいときはすぐ病院へ
痰の色が白色や黄色っぽい色であるときは問題がないのですが、緑色(喫煙者に多いです)や血が混じった痰が出るときは気管支などの病気が潜んでいる可能性が考えられます。こうした痰が出たときは早めに病院を受診しましょう。自宅や職場から一番近い内科か、あるいは耳鼻咽喉科を受診します。

肺結核や肺がんといった病気も血の混じった痰が出やすくなります。ご周知のようにがんは早期に発見しないと手遅れになってしまう病気ですので、早急に医療機関を受診することが大切になってきます。まとめますと、痰が絡んで辛いときは

1.水分補給、部屋の乾燥に気をつける
2.喫煙している場合は禁煙をする
3.辛いものなどを食べない
4.去痰薬を服用する
5.あまりにも辛い、痰に異常が見られる場合は病院へ

以上の5つを試してみましょう。最後に、痰を吐く時はマナーを守って道端などに吐かないようにしましょうね。ティッシュにくるんで捨てるか、自分で掃除をするなら洗面所などに出すようにしましょう。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031