menu

生活の図書館

エスカレーター 右に立つのは大阪だけ?並び方を比較してみた

escalator-719814_1280

関東住まいの方が関西へ行った時、また逆に関西住まいの方が関東へ行った時にびっくりすることの一つとして「駅のエスカレーターの乗り方が違う!」ということが挙げられます。

東京では「左立ち、右空け」なのに対し大阪では「右立ち、左空け」と、エスカレータの立ち方が全く正反対なのです。そのため自分の慣れている場所に立っていたら、後ろから歩いて上ってくる人に「どいて」「何してんねん」と言われてしまうことも・・・・・・

でもこのエレベーターの立ち位置の違い、東京と大阪だけなのでしょうか?東西で境目などがあるのでしょうか?気になりますよね。今回は駅のエスカレーターの並び方について、ちょっとためになる雑学をお教えいたします。

 

【スポンサードリンク】

 

 

エスカレーターでは左右どちらに立つ?大阪と東京、その他の地域の違い

-shared-img-thumb-150412130426_TP_V

東京と大阪でエスカレーターの立ち位置が左右逆なら、立ち位置がガラッと変わる境目がどこか日本の真ん中辺りにありそうな気がしますね。JR東日本とJR西日本が乗り入れるJR米原駅がなんとなく境目ではないかと思ってしまいます。

ですが実は東日本だから「左立ち」、西日本だから「右立ち」というわけではなく、日本の中で大阪だけが「右立ち」なのです!(例外として仙台も「右立ち」です。ですから日本で「右立ち」なのは大阪と仙台のみ、となりますね)

ちなみに大阪のお隣京都は「左立ち」が一般的です。国内外を問わず旅行客ががたくさん訪れる京都は東京と同じ方向に合わせるようになったのではないか、という説があります。それではなぜ日本で大阪と仙台だけが「右立ち、左空け」になってしまったのか?これには諸説ありますが

・ かつて大阪万博が開催された際に、たくさんの観光客が大阪を訪れて駅も万博会場も大変混雑したために、「エスカレーターのマナーを決めよう」ということになり、欧米に倣って「右立ち、左空け」をエスカレーターのマナーとして宣伝した。

・ 大阪・梅田に初めて「動く歩道」が設置された時に駅から「混雑防止のため左側を空けましょう」という注意があった。

などの説が有力なようです。

 

【スポンサードリンク】

 

なお仙台でも地下鉄が開業した時に「右立ち、左空け」を駅で呼びかけたために、右立ちが一般的になったという話があります。大阪・仙台以外のその他の地域では「人は道路の右側を歩く」という道路交通法の原則に従って人を歩かせるために、「左立ち、右空け」になっているという説が有力なようです。

 

~まとめ~

・日本でエスカレーターが「右立ち、左空け」なのは大阪と仙台だけ!(その他の地域はほとんど「左立ち、右空け」)
・欧米では大阪式の「右立ち、左空け」が一般的。

旅行で関西以外から関西へ行く際には、エスカレーターの立つ場所に注意したいところです。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930