menu

生活の図書館

魚の骨が喉に刺さって痛い!正しい取り方を厳選してお届け

fish-1065701_640
魚料理は和食の基本。ご飯が進みますね。ですが魚を食べるときに注意しなければならないものがあります。そう「魚の骨」です。

よく箸でほぐして骨を取り除いた後に、身を噛んで飲み込んだらうっかり残っていた小骨が喉に刺さってしまった経験のある方も多いことと思います。

魚の骨が喉に刺さったとき、どのような対処をすればいいのでしょうか?ここでは厳選した2つの対処法をお教えいたします。

 

【スポンサードリンク】

 

あれこれ試すのは実は間違い!魚の骨が喉に刺さって痛みが続くときの正しい取り方とは?

魚の骨が喉に刺さって痛いときのいろいろな対処法が巷にはあふれていますが、本当にすべき取り方は2種類だけなのです。

 

対処その1.病院(耳鼻科)へ行く

一番安全で確実に骨が取れる方法です。耳鼻科は喉のプロなので骨をきれいに抜いてくれます。子供の場合はいきつけの小児科でもいいでしょう。

またあまりの痛みにつばも飲み込めなかったり、出血していたりする場合は絶対に医者へ行きましょう。夜間や休日なら地域の救急外来へ駆け込んでくださいね。

「魚の骨が刺さったぐらいで医者へ行くなんて恥ずかしいな」と思われるかもしれませんが、お医者さんのほうは魚の骨を抜いてもらいにくる外来患者さんを見慣れていますので、恥ずかしがらなくても大丈夫です。

 

対処その2.ピンセットで抜く

tweezers-1135337_640

口を開けたときに鏡などで骨が刺さっている場所を確認できる場合は、自分でピンセットを使って抜くのもありです。固定された鏡の前で口を開き、懐中電灯やスマホライトで口の中を照らして骨を確認して、細長いピンセット(できれば医療用の)でつまんで抜きます。

ただし自分で骨の刺さっている位置が確認できない場合、当てずっぽうで抜こうとするのはやめましょう。喉の粘膜を傷つけたり、骨を余計に喉の奥に押し込んだりしてしまう可能性があります。

しかも最悪の場合刺さっている骨の外に露出している部分が折れてしまい、骨が刺さっている部分が見えなくなってしまうこともあります。こうなると病院へ行っても刺さっている場所の特定が困難になり、治療に時間を要するようになってしまいます。

自分で確認できないときは無理に抜こうとせず、病院へ行ってくださいね。

 

【スポンサードリンク】

 

~ご飯丸飲み、酢を飲む、などなどの方法は実は間違い!~

usd-67411_640

子供のころ喉に魚の骨が刺さると、親から「ご飯を噛まずに丸飲みしなさい」などと言われたことはありませんか?また、「お酢を飲むといい」と言われていたりもします。

筆者も子供のころはご飯丸飲みをよくやっていましたし、実際この方法で小骨は取れました。ただしこれらの方法は実は間違いなのです。「ご飯丸飲み」は運がよければ小骨なら取れますが、大きな骨が刺さってしまった場合は余計深く刺さることになってしまい逆効果です。

「ちょっと喉に違和感があるなあ」程度のときは試してみてもいいですが、それでも取れない、とても痛い、出血している、などのときは食事を中断して病院へ行きましょう。

「お酢を飲む」というのは、おそらく魚の煮付けにお酢を使うと骨が柔らかくなることから、「刺さった骨も柔らかくして溶かしてくれそう」な気がするために言われているのかもしれません。

ただしこれはまったく証明されていませんので、酢を飲むのも意味が無いと言えます。

 

~まとめ~

・ 喉に骨が刺さって痛いときは、小骨程度なら食事を続けているうちに運よく取れることもあります。ですがあまりに痛い、違和感が我慢できない場合は食事を中断して耳鼻科か救急外来へ行きましょう。
・ 自分で確認できる位置に刺さっていて家にピンセットがある場合は、自分で抜いてしまうのもありです。

魚の骨を取ろうとして深く刺さってしまっては逆効果なので、痛いときはあれこれ試さずすぐに病院へ行きましょうね。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年5月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031