menu

生活の図書館

くしゃみが止まらない…その原因と解決方法を徹底伝授

-shared-img-thumb-OOK85_maskman20150314132154_TP_V

くしゃみが急に止まらなくなると困りものですね。

くしゃみの発生はコントロール不可能なので、止まってくれないと困る場面で止まらなくなると仕事や人間関係に支障をきたしてしまいます。

ここでは突然のくしゃみでお困りのあなたのために、くしゃみを止める方法、くしゃみを予防する対策、くしゃみの原因、くしゃみに潜む病気についてお教えいたします。

 

【スポンサードリンク】

 

止まらなくなったくしゃみを止める方法 予防策や原因、病院に行くべきポイントも伝授!

それではまず、突然止まらなくなったくしゃみを止める方法を厳選して3つご紹介いたします。

 

~止まらなくなったくしゃみを止める方法~

その1.鼻の下を刺激する

鼻の下

くしゃみが出そうな瞬間に、鼻と上唇の間を指で押さえます。

こうすることでくしゃみを止めることができます。

このときのポイントは「くしゃみが出そうな瞬間に押さえること」です。

くしゃみが出そうなときに鼻と上唇の間を指で押さえることで、くしゃみ中枢(「くしゃみの出る原因」の項で触れます)へ刺激が伝わるのを防ぐことができます。

 

その2.くしゃみを止めるツボを押す

迎香

鼻の両脇にある「迎香」(げいこう)というツボを両手の人差し指などで押します。

このツボは鼻のさまざまな不調(鼻水・鼻づまりなど)の解消にも効果があるそうですよ。

鼻の調子が悪くお困りの時は、ぜひ押してみてください。

 

その3.薬を飲む

pills-384846_640

くしゃみを引き起こす「ヒスタミン」(これも「くしゃみの出る原因」の項で触れます)を抑制させる効果がある薬を服用しましょう。

花粉症の薬、として市販されているものがこれに該当します。

薬が効いている間はくしゃみが止まります。

なお外出時は、マスクを持っていくと突然止まらないくしゃみが起こっても周りに迷惑をかけずにすみますので、特に風邪や花粉症などでくしゃみに悩まされやすい冬~春の間はなるべくマスクを持ち歩きましょう。

 

~くしゃみの発生を予防する!日常生活で気をつけること~

くしゃみの発生は予測できないものですが、日常のちょっとしたことに気をつけることで、くしゃみを発生しにくくすることができます。

日常生活で気をつけるべきポイントを3つまとめてみました。

 

その1.風邪を引かない生活

くしゃみの原因の1位として挙げられるのが「風邪」

普段から風邪を引かないように、

・ストレスをためすぎない
・睡眠と食事を規則正しく摂る

などに気をつけた生活を心がけたいですね。

 

その2.ほこり・ハウスダストの除去

livingroom-349688_640 (1)

部屋のほこりや小さなごみを吸い込んだときにも、くしゃみは発生します。

ほこりが多い部屋ではくしゃみが止まらなくなってしまいますので、部屋はこまめに掃除したいですね。ですが花粉の飛散が本格になる春先は、掃除方法にも注意が必要です。

布団を外に干したり、窓を開けて部屋を換気することは部屋のほこりやダニの除去に有効ですが、花粉の飛散が多い時期は布団や部屋に花粉が入ってきてしまい、くしゃみの原因となってしまいます。

この時期は窓を開けず、空気清浄機などでお部屋の空気をきれいにするようにしましょう。布団は天日干しにせず、布団用掃除機などできれいにするといいです。

ちなみに、布団を三つ折にして間に布団乾燥機を入れて1時間ほど加熱し、その後布団掃除用ノズルをつけた掃除機で吸うとダニがきれいに取れます。以前テレビでも放送され、話題になりました。

 

その3.部屋の温度、服や寝具の素材に気をつける

部屋が寒かったり乾燥しすぎていてもくしゃみが出やすくなります。部屋の温度や湿度をなるべく快適に保つようにしましょう。

またファーやムートン、モヘアといった毛の素材で出来た服や寝具がくしゃみの原因となることもあります。特に動物アレルギーの方は注意しましょう。

アレルギー体質の方はこうした素材の服や寝具を避けた方が無難と言えます。

 

【スポンサードリンク】

 

~くしゃみはどうして出るの?くしゃみ発生のメカニズム~

くしゃみの起こるメカニズムは大まかに2つあり、

・ 「鼻の中にごみが入り、神経を刺激されて出るもの」
・ 「アレルギーの原因となる物質を吸い込む」

があります。

アレルギーの原因物質を吸い込むことで『ヒスタミン』という物質が脳から放出され、ヒスタミンがくしゃみ中枢に刺激を与えることで、くしゃみが出てしまうのです。

主に、「花粉症」などが有名ですね。動物の毛アレルギーなどもこれに相当し、止まらないくしゃみの原因はこれであることがほとんどです。

こうした花粉症やアレルギー由来でくしゃみが止まらなくなった時は、~止まらなくなったくしゃみを止める方法~その3で触れたように「抗ヒスタミン作用」のある成分が入った薬を飲みましょう。

 

~くしゃみに潜む病気 こんな症状が見られたら病院へ~

medic-563425_640

鼻のツボを刺激したり、部屋の掃除や温度・湿度に気を配ってもくしゃみが止まらない時は、一度耳鼻科や内科などで見てもらいましょう。

くしゃみのほかにも鼻水が止まらない、発熱している、などといった時は風邪やアレルギー性鼻炎などが考えられます。

こうした時はお医者さんで診てもらい、処方薬を飲んだほうが早く症状が治まるでしょう。

もし、放っておくと、風邪の場合、

 

・ウイルスを周りの人に移してしまう

この可能性が高いです。感染の拡大を防ぐためにも、症状が軽いうちに早めに対処しておいて下さい。

そして、風邪でもないけどくしゃみが出る…でも病院へ行かずに症状が改善されない状況が続くと…

 

・胸を骨折してしまう

というケースも稀にあります。くしゃみの力は想像以上に凄まじく、くしゃみをした瞬間、息が飛び出す速度は『時速300㎞』と言われています。1秒で100m先の人に息が届く計算になりますね。

胸を骨折してしまう…というのも、大げさな話ではない事が分かるでしょう。「少し胸が痛くなってきたな」と思ったら、くしゃみの原因を特定するためにも、早めに病院へ向かう事をオススメします。

 

~まとめ~

くしゃみが止まらない時は

・ くしゃみが出そうな瞬間に、鼻と上唇の間を指で押さえる
・ 鼻の両脇にある「迎香」(げいこう)というツボを両手の人差し指などで押す
・ 抗ヒスタミン作用のある薬(花粉症の薬など)を服用する

こうした方法で対処しましょう。

それでも止まらない時は、耳鼻科や内科などを受診します。

また日常生活でも部屋をこまめに掃除する、布団や衣類に花粉をつけないようにする、服や寝具の素材に気をつける、部屋の温度や湿度を快適に保つ、などしてくしゃみの予防に努めましょう。

また、くしゃみが止まらないのも辛いですが、突然出るしゃっくりも辛いですよね。『え、何で止まるの!?一瞬でしゃっくりが止まる奥義4選』こちらで対策をしておきましょう。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031