menu

生活の図書館

とうもろこしを美味しく食べよう! 色々な茹で方を解説

toumorokoshi_corn

夏に旬を迎えるとうもろこし。

生のものを一本丸々茹でてかぶりつくのはたまらないおいしさですね。

そんなとうもろこしですが、意外においしい茹で方というものは知られていないようです。

今回はとうもろこしがよりいっそうおいしくなるとうもろこしの茹で方についてお教えいたします。

ぜひおうちで試してみてくださいね。

 

【スポンサードリンク】

 

色々なとうもろこしの茹で方解説~茹で方一つで食感が変わります~

 

・お鍋を使った茹で方編

s000_281

まずはお鍋を使った基本の茹で方から

  1. とうもろこしの皮をむく
  2. 鍋にお湯を沸かし、沸騰したらとうもろこしを入れる
  3. 3~5分加熱(時々箸でひっくり返し、むらなく茹でる)
  4. すばやくとりだして、ある程度冷めたら出来上がり

 

とうもろこしの基本の茹で方はこうです。
シャキシャキの食感が楽しめます。

 

・とうもろこしを水から茹でる方法

そして、とうもろこしを水から茹でる方法です。
水から茹でるとふっくらジューシィな食感になるそうですよ。

  1. とうもろこしの皮をむく
  2. 鍋に水ととうもろこしを入れる
  3. そのまま加熱し、沸騰後3分間茹でる(時々箸でひっくり返してむらなく茹でる)
  4. すばやくとりだして、ある程度冷めたら出来上がり

 

沸騰したお湯から茹でるとシャキシャキ、水から茹でるとふっくらした食感になるそうなので、お好みで茹で方を変えてみてください。

またお好みで水に塩少々を入れて茹でるとなおいっそうおいしくなります。

この2つのゆで方に関しては解説動画がありますので、ぜひご覧ください。

茹で時間に関してですが、あまり長く加熱するととうもろこしのみずみずしさが無くなってしまいます。長くても5分程度と覚えておきましょう。
(特に冷凍保存前の下ごしらえとして茹でる時は少し固いぐらいの茹で加減がベストです。)

 

・お鍋以外の調理器具で加熱する方法もご紹介

palace-of-the-fans-1195364_640

もちろん鍋で茹でてもいいのですが、小さいお鍋しかないときもありますよね。そこで次はフライパンを使ったとうもろこしの茹で方もご紹介いたします。

~フライパンでふっくら加熱~

  1. とうもろこしの皮をむく
  2. フライパンにとうもろこしを並べ、水をひたひたに注ぐ。塩を小さじ1ぐらい入れる
  3. キッチンペーパーをかけ、ペーパーが水分を吸うまで数秒まつ
  4. 20~30分ゆでる(とうもろこしが大きく、水からはみ出している部分がある時は途中で転がします)
  5. ゆで終わったら火を止め、冷めるまでキッチンペーパーをかぶせて待ちます。
  6. ある程度冷めたらできあがりです

 

それでは実際にフライパンで茹でている動画をご覧ください。(この動画ではキッチンペーパーのかわりに、皮付きのまま茹でています。)

また都会のアパート住まいなどで「古いIHコンロしかない(お湯を沸かすのに時間がかかる)」「コンロが一口しかなくて別の料理に使っている」などの事情がある時は電子レンジ加熱が便利です。

chrome-493101_640

~電子レンジで加熱~

  1. とうもろこしの皮をむく
  2. とうもろこしをまんべんなくラップで包み、500~600Wの電子レンジで5分加熱
  3. 加熱後レンジから取り出したら、ラップに包んだまま冷めるのを待つ
  4. ある程度熱が取れたらラップを取って完成

 

とうもろこしが数本ある時は、こうしたフライパンを使った茹で方と鍋で茹でる方法、電子レンジで茹でる方法などを併用すると一気に茹でることができます。

食べない分は荒熱が取れたらラップで包んで冷蔵庫へ、あるいは十分に冷ましフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ入れて保存します。

冷蔵物は当日か翌日中に、冷凍物は3~4週間後までには食べましょう。※さらに詳しい保存方法は『関連記事とうもろこしの保存方法を徹底解説~たくさんもらっても大丈夫~』からご覧ください。

 

【スポンサードリンク】

 

・ ゆで方によって栄養価は変わる?とうもろこしの栄養価について

character_toumorokoshi

とうもろこしの栄養分は水溶性(ビタミン類)のものが多いため、茹でるよりは蒸す方が栄養価が落ちにくくなります。

せいろや蒸し器を使って蒸すのもいいですが、上でご紹介したような電子レンジで加熱する方法の方が手軽に調理できますね。

そんなとうもろこしの主な栄養素は以下のとおりになります。

炭水化物(糖質)…人間の体のエネルギー源となる重要な栄養素。脳のエネルギー源にもなります。不足すると思考力の低下や疲労感を感じてしまいます。
ビタミンB1…糖分をエネルギーに分解してくれます。不足すると肩こりやだるさを感じるようになります。ひどく不足すると「脚気(かっけ)」になってしまいます。
ビタミンB2…身体の新陳代謝を助け、皮膚や粘膜の健康維持に欠かせません。
ビタミンE…抗酸化作用があり、細胞を保護してくれるためがん予防や貧血予防に役立ちます。食物繊維…排泄の促進、血中コレステロールの増殖抑制作用があります。糖尿病予防などに役に立ちます。
そのほか…カルシウムやカリウム、マグネシウム、鉄分などなどの各種ミネラルも含まれています。

 

ちなみに「コーンフレーク」を想像してもらうとわかりやすいですが、とうもろこしの主成分は「炭水化物(糖質)」なので、主食として食べている地域も多いです。

糖質制限ダイエット中は食べられませんが、糖質以外にもビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なので多少は食べたいものですね。

 

~まとめ~

・ とうもろこしは沸騰したお湯から茹でるとシャキシャキに
・ 水から茹でるとふっくらした食感になる
・ 茹でる時の加熱時間は大体3~5分が目安
・ フライパンとキッチンペーパーを使って茹でる事も
・ ラップで包んで電子レンジで5分ほど加熱しても美味しい
・ 栄養価が気になる時は蒸すか電子レンジ調理がベスト

とうもろこしは缶詰などで一年中食べることができますが、生のものを調理したときのシャキシャキ感やみずみずしさは格別です。

比較的安く購入できる夏にはぜひ生のものを調理して食べてみてくださいね。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031