menu

生活の図書館

2016年のお盆休みの期間はいつからいつまで?~新しい祝日も増えます~

summer_kisei

8月はお盆のシーズンです。

この時期に長期休み、俗に言う「お盆休み」をとって実家に帰省し、先祖の墓参りをしたり、また遊びに出かけたりする方は多いですね。

肝心の2016年のお盆休みはいつからいつまでなのでしょうか?

今回は2016年のお盆休みについてその時期や、新しい祝日「山の日」について解説いたします。

 

【スポンサードリンク】

 

2016年のお盆は長期休みが取りやすい!新しい祝日やお盆の意味を解説

全国的には8月15日の盆を中心とし、その前後の日にお休みを取って「お盆休み」と定義しているようです。

そして一般的にお盆休みとは8月13日~8月16日のお休みのことをさすようです。

「全国的に」「一般的に」と前置きしたのは、実は地域によってお盆の日が違う場合があるからです。

沖縄や東京の一部、函館、金沢の一部などの地域では7月15日(旧暦の8月にあたる)を盆としている場合があります。(この場合は旧盆といいます)

もちろん旧盆にあわせて休みを取って帰省する方々もおられますが、大多数の方々にとっての「お盆」とは8月15日のことをさしますね。

ここでも『8月15日』をお盆として話を進めていきます。

 

・ 2016年のお盆は最大6連休!?新しい祝日がカギ

これまでのお盆といえば8月12~15日、あるいは8月13日~16日の間で最大4連休程度の会社が多かったと思いますが、

なんと今年は最大6連休になる可能性があるのです!

その鍵を握るのが2016年から新たに制定される祝日「山の日」。

毎年8/11がその日にあたります。

そしてカレンダーを見てもらえれば分かりますが、2016年は8/11(山の日)が木曜日、8/12が金曜日、8/13が土曜日になります。

有給場所カレンダー文字

 

そこで8/12(金)に休みを取れば5連休、さらに8/16(火)も休めれば最大6連休となります。

6連休もあれば国内の端から端まで帰省しても余裕を持って帰れますし、海外旅行もできますね。

社会人は嬉しい新祝日「山の日」、ぜひ活用したいものです。

(学生の方はもともと8月は夏休みなので、そんなにありがたみを感じないかもしれませんね。)

 

・ 業種によって違う?それぞれのお盆休み期間

飲食店などのサービス業の方はお盆期間でも休まず営業し、前後で交代しながらお休みをとる場合が多いですが、銀行や市役所などもお盆営業をしています。

8/11は祝日になりますのでお休みですが、2016年のカレンダーでいえば8/12(金)と8/15(月)、8/16(火)は営業しています。

銀行員や公務員の方もサービス業の方々と同じく、交代で休みを取るようです。

お盆中は「お盆前にATMからお金を出し忘れた~!」と焦る必要はないので一安心ですね。(年末年始はさすがに銀行もお休み(12/31~1/3の期間)になりますので、気をつけなければいけませんが)

また福利厚生が手厚い大企業、製造業なんかでは年末年始やお盆休みが長くなる傾向になります。

製造業は一度機械を止めるとまた運転再開させるのにコストがかかるので、一度機械を止めたら長い休みを取ってもらって、そのかわり長期休みが終わったら土日も出勤してもらって機械を運転し続けた方が効率がよいからです。

そのような会社ですと8/6(土)~8/16(火)までの最大11連休というところも!

11連休

11連休はうらやましいですね。世界のどこにでも行けそうです。

お盆期間中(特に8/12(金)~8/15(月)の期間)は国内の交通費や宿泊料金などはお盆価格になって高くなり、またどこへ行っても混み合いますので、移動や宿泊はこの期間を避けたいものですが、11連休もあれば混雑期間を避けても十分帰省やレジャーができますね。

 

【スポンサードリンク】

 

・ お盆にはなぜ墓参りをする?

obon_nasu_kyuri

お盆といえば故郷に帰って墓参り、と予定を立てている方は多いと思います。

でもなぜ「お盆に墓参りをする」のでしょう?

お盆の風習は各地域によって違いがありますが、一般的に広まっている風習としては以下のようなものがあります。

・ 8/1を「釜蓋朔日(かまぶたついたち)」といい、この日に地獄の釜の蓋が開き、ご先祖様たちが現世に帰ってくる。
・ 8/7ごろよりご先祖様たちをお迎えするために精霊棚などを作る。
(この時になすやきゅうりで牛や馬などを作ります。)

・ 8/13の夕刻より迎え火を焚き、精霊棚の故人へ色々なお供え物をする。
・ 8/15か8/16には送り火を焚き、故人を送る。(墓参りもこの頃する)
・ 故人を送る期間は8/16~8/24とされる。

実は8/1から8/16、長くて8/24までが仏教の「お盆」にあたるわけです。

(明治に太陽暦が採用されるまでは旧暦の8月=現在の7月に行われていました。)

とはいえさすがに8/1から休みを取ると長すぎますよね。

そこで8/13~8/16ごろまで休みを取って、故人のお迎えや見送りをするのが一般的なようです。

お盆とはあの世から現世に一時的に帰ってくるご先祖様に感謝を伝えて見送るための期間ですので、なるべくならお墓参りに行きたいものですね。

 

~まとめ~

・ 2016年のお盆は8/12(金)に休みを取れば8/11(木)~8/15(月)5連休になります。
・ さらに8/16(火)に休みを取ると6連休に。
・ お盆はご先祖の霊があの世から現世に一時的に帰ってくる時期といわれています。
・ 銀行と役所は8/13(土)、8/14(日)以外は普通どおり営業しています。

2016年からは新しい祝日「山の日(8/11)」がスタートし、お盆も長期休みが取りやすくなります。帰省や遠方へのレジャーに有効に活用したいですね。

 

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031