menu

生活の図書館

織姫と彦星|物語の由来と現在の七夕の関係とは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎年7月7日といえばそう「七夕」ですね。旧暦に合わせて8月7日に七夕を行う地域もいくつかありますが、日は違ってもやることは大体同じ。

笹の葉に願いを書いた短冊を吊るして、夜空にお願いします。「笹の葉さらさら」で始まる七夕の歌を歌った記憶のある方も多いことでしょう。

さて皆様はこの七夕という行事がなぜ行われるようになったのかご存知でしょうか?

今回は七夕の由来になった「織姫と彦星」の物語の解説や、日本ではいつごろから七夕が行われるようになったのかと言うことについてお話していきたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

目次
・七夕と言えば「織姫彦星の物語」この物語の由来は?
・笹の葉に短冊を吊るすという習慣が日本で行われたのはいつごろ?
・なぜ七夕には願いをこめた短冊を吊るす?
・なぜ「笹」に吊るすの?
・実際に「織姫星」「彦星」を見つけてみよう!
・七夕を楽しく過ごすためのアイディア集
まとめ

 

織姫彦星伝説のおさらいと短冊のルーツ 七夕の雑学あれこれ

 

・ 七夕と言えば「織姫彦星の物語」この物語の由来は? 

orihime_hikoboshi_bg

七夕にまつわる有名な物語「織姫と彦星伝説」を聞いた・読んだことのある方は多いでしょう。忘れてしまった方のために簡単にまとめますと、こういうお話です。

夜空にきらきら光る天の川そのほとりには機織りの上手な「織姫」という女性が住んでいました。

年頃の織姫にお婿さんがいないことをかわいそうに思った天の神様は、同じく天の川のほとりで働いていた牛飼い青年「彦星」を婿として織姫に合わせます。

2人はお互いに一目ぼれし、とても仲のよい夫婦となりました。

しかし結婚してからというもの2人は遊んでばかりでちっとも働こうとしません。

怒った天の神様は、2人を天の川の両岸へと引き離してしまったのです。

毎日悲しみと寂しさで泣き暮らす2人に天の神様は

「お前たちが以前のように真面目に働くのなら、一年に一度だけ2人が会うのを許そう」

と告げます。

2人は心を入れ替え一生懸命働き、1年に1度7月7日の七夕の夜に神様がかけてくれた天の川の橋を渡って逢瀬を楽しむようになりました。

日本でよく知られているこのお話は、実は中国のお話が日本に伝わってきたものなのです。

「織姫彦星伝説」は古くは漢の時代(約1800~2000年前)の文献に記されていますが、このころに現在の「七夕」のような行事があったのかどうかは不明とされています。

では、いったいいつから現在の七夕のような風習が生まれたのでしょうか?

 

・ 笹の葉に短冊を吊るすという習慣が日本で行われたのはいつごろ?

「笹の葉に願い事を書いた短冊を吊るす」という風習も中国から来ています。

前述の「織姫彦星伝説」に登場する織姫が機織りを生業としていたことから、機織りや針仕事が上達するようにという願いをこめて、夜に女性たちが7本の針に美しい糸を通して庭に飾ったことが約1400年前の中国の文献に記述されています。

この行事を中国では乞巧奠(きこうでん)と言いますが、日本では奈良時代に遣唐使によって中国から伝わり、宮中行事として定着していきます。

 

 ・ なぜ七夕には願いをこめた短冊を吊るす?

tanabata_sasa

中国から乞巧奠が伝わると、日本の貴族たちは和歌や縫製の上達を願い梶の葉に和歌をしたためて、星に祈りをささげました。

これが現在の短冊のルーツですが、「笹に願い事を書いた短冊を吊るす」という現在の風習に変化したのは江戸時代だと言われています。

江戸時代に寺子屋が各地にでき、読み書きを習う子どもや大人が増えたことによって、同時に星に習い事の上達を願う人々も増えたのです。

そのためこの頃に短冊にお願い事を書く、という風習が生まれていったのです。

ですから短冊に書くお願い事は「○○が欲しいです」といったものではなく、「字が上手になりたいです」「水泳が上手くなりたいです」といったような技能の上達を願うお願い事を書くのが本来正しいのです。

 

・ なぜ「笹」に吊るすの?

笹は根強く寒暖差にも負けない、生命力の強い植物です。そのため古来から神事に使われていました。笹の葉の擦れ合う音は神様を招くとも言われているそうです。

その神秘性から江戸時代の人が神様へのお願いを伝えるための媒体として笹を使うようになったのではないかと言われています。

 

【スポンサードリンク】

 

・実際に「織姫星」「彦星」を見つけてみよう!

milky-way-451599_640

上記でご紹介した「織姫と彦星」のお話ですが、実際に夏の夜空には「織姫星」「彦星」を観察することができます。

一番見やすいのは8月ごろですが、南の空を見上げると真上にひときわ大きく光り輝く星を見つけることができます。
これが織姫星(ベガ)です。

そこから南南東(天の川をはさんで東下の方)にも明るい星が見えると思います。
これが「彦星」(アルタイル)になります。

伝説で言われているとおり、両者は天の川を挟んで存在しているのです。

さらに南東(織姫星からみて真東の方向)にも明るく輝く星があります。
これは「デネブ」といい、「デネブ・アルタイル・ベガ」の3つを結ぶと大きな三角形になります。

こちらは「夏の大三角形」と言われて、人々に親しまれています。

夏の大三角形については詳しく図解されているサイトがありますので、どうぞご覧ください。↓
夏の大三角形を探そう!織姫星・彦星の見つけ方!

夏の大三角形自体は街中でもぎりぎり見つけることができますが、天の川はかなり田舎の方でないとなかなか見ることができません。

ただ山にキャンプに行ったときなどは、天の川までかなりはっきりと見ることができます。
夏に山のコテージやテントに宿泊した時は夜空を見上げてみるといいですね。

 

・ 七夕を楽しく過ごすためのアイディア集

昨今は住宅事情もあり、庭に笹を飾るお家も少ないのではないでしょうか。
リビングに小さい笹の枝を飾るのもいいですし、何なら笹が無くても折り紙などで作った七夕飾りを壁に貼るだけでも七夕らしい雰囲気がぐっと出ます。

おすすめは折り紙やチラシなんかを細長く切って輪っかにし、テープで止め、何個もつなげて大きな輪にする飾りです。

輪っか
また折り紙を星の形に切るのも七夕っぽくなりますね。

 

 まとめ

・ 有名な「織姫彦星伝説」は中国のお話が日本に伝わってきたもの
・ 「七夕」の風習のルーツも奈良時代に中国から伝わってきて、江戸時代の頃に今のような「短冊にお願い事を書く」スタイルに。
・ 短冊に「芸事・習い事の上達の願い」を書いてお祈りするのが本来の七夕です。

短冊に自身の技能向上を願うのが本来の七夕と書きましたが、筆者本人は「○○欲しい」「○○行きたい」という物欲的なお願い事も全然OKだと思います。

お祭りの意味とは時代によって変化していくものですし、そのとき楽しいと思ったことをしていくのがいいのではないでしょうか。

七夕の夜は星にお願い事をして、織姫と彦星のことを考えてみるのもいいですね。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031