menu

生活の図書館

2016年仙台七夕祭りの日程 花火や穴場スポットもご紹介

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あなたは「東北三大祭り」を知っていますか?

一般的には「青森ねぶた祭り」「秋田竿澄(かんとう)祭り」「仙台七夕まつり」の三つを指します。

どれも8月に行われる大きなお祭りで、それぞれ何十万人もの人々が集まる大きなお祭りです。

この3大祭りをすべてめぐるツアーもありますが、今回はそのうちの一つ

「仙台七夕まつり」について、2016年度の日程や、会場へのアクセス方法、お祭りの楽しみ方などを特集していきたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

仙台七夕祭りを楽しもう!2016年の日程と穴場スポット

「仙台七夕まつり」は例年8月7日を中日として、8月6日~8月8日に行われます。

2016年の仙台七夕まつりの日程は以下になります。

期間:2016年8月6日(土)、7日(日)、8日(月)

2015年の8月6日~8月8日は木、金、土だったので平日にイベントがかぶっていたのですが、今年は土、日、月と土日にイベントがかぶるため大変な混雑が予想されます。
時間に余裕を持ってお出かけしたいですね。

仙台七夕祭りはどういったお祭りなのかというと、JR仙台駅の周辺商店街を中心に、巨大な七夕飾りが所狭しと飾られ、屋台も多く出て大変にぎわうお祭りです。

この「巨大な七夕飾りが毎年新しく作られて飾られる」のが仙台七夕祭りの大きな特徴で、竹の長さはなんと10メートル以上!その竹にそれぞれの商店街の皆さんが毎年飾りを手作りし、豪華絢爛に飾り付けます。

飾りの中では特に「吹き流し」(具体的な詳細は後述します)という飾り物がいたるところで見られるのが有名で、毎年こうした飾りを楽しむために地元の人々や多くの観光客がこの時期仙台を訪れます。

またおまつり広場ではたくさんのイベントが開催されますので、お出かけ予定の方はちょっと足を伸ばしてぜひ広場を覗いていきましょう。

「おまつり広場でのパフォーマンス」
開催日:2016年8月6日~8日(七夕祭り期間中)
開催時間:10時~21時
場所:勾当台公園市民広場 定禅寺通りグリーンベルト、つなぎ横丁

地元の吹奏楽団の演奏や、チアリーディングパフォーマンスなどを楽しむことができます。

広場で行われるイベントの詳細は公式ページ(2016年3月現在は2015年度のものが載っています)で確認することができます。
2016年度のイベント日程は7月ごろに更新されるので、お祭りが近づいたら要チェックです。

 

・「仙台七夕まつり」の場所やアクセス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「仙台七夕まつり」について、場所やアクセス方法を記していきます。

仙台七夕祭りでは豪華な七夕飾りが仙台中心部のアーケードに飾られることで有名ですが、このアーケード、JR仙台駅のすぐ側にありますので観光客でもすぐに分かることでしょう。

仙台駅からアーケードまでのアクセスですが、

1.まずは仙台駅西口2階出口より出て、ペデストリアンデッキを歩きます
2.歩いて2~3分で「ハピナ名掛丁商店街」の七夕飾りアーケードにたどり着きます。
(※七夕祭り期間中はとりあえず人ごみについていけばたどり着きます)

あとは中央通りをまっすぐすすみ、約800mもの長いアーケードに所狭しと飾られた七夕飾りを楽しみましょう。また途中で交差する「一番町通り」にも七夕飾りが飾られています。

こちらの通りは全長がなんと約900mもあるそうです。それだけ長い通りに所狭しと飾られている独特の七夕飾りたちは見ごたえが十分です。

ちなみに仙台七夕飾りの象徴とも言える飾り物「吹き流し」織姫の織り糸を象徴しているものだそうです。

tanabata_kazari_green

各飾りの意味はこちらのサイトで解説されています。こうした意味を考えながら飾りを見るのも楽しいですね。

また各アーケードの見所、飾りの様子についてはYouTubeの動画をご参考に。

 

また毎年行われている「仙台七夕花火祭」に参加するのも楽しいですよ。

 

「仙台七夕花火祭」について アクセスや見所スポット

fireworks-1219854_640

花火祭は毎年8月5日に仙台市で開催され、仙台七夕まつりの前夜祭として広く親しまれています。

2016年8月5日は金曜日ということで、こちらも例年より混み合いそうです。

そんな花火大会へのアクセス・見所スポットをご紹介いたします。

「仙台七夕花火祭」
開催日時:2016年8月5日(金)(悪天候の場合8月9日に順延)
開催時間:19時~20時30分開催場所:川内萩ホールの敷地
アクセス
・ 電車の場合…仙台市営地下鉄広瀬通駅から徒歩10分、またはJR仙台駅から徒歩20分
・ 車の場合…東北道仙台宮城ICより10分

市内各所に駐車場がありますが花火祭~七夕まつりの期間は大変混雑しますので、できれば公共交通機関で行きましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

・花火がきれいに見えるオススメスポット

その1.仙台市葉区川内1 青葉城址

会場に近く、花火を楽しむことができます。ただし仙台駅からは離れているため、車が必要になってきます。

※ こちらには約250台停められる駐車場があります。しかも18時以降は無料!ただし混み合うので早めに到着しておきましょう。

その2.青葉区川内澱橋(よどみばし)通

ほとんど混雑無く花火を見ることができます。市営地下鉄川内駅で降りて歩くか、川内駅から仙台市営バスに乗って「澱橋通」で降りると行くことができます。

またこの近辺の東北大学川内キャンパス内も地元の人オススメの鑑賞スポットだそうで、座ってゆっくり花火見物ができるそうですよ。

ちなみに、帰りが楽なのでJR仙台駅周辺で花火を見ようかなと思っても、仙台駅周辺はビルが多くて花火が遮られてあまりよく見えないそうです。ですからちょっと移動してこうしたオススメスポットに足を運んでみましょう。

 

 

仙台七夕まつりの特別ライトアップ情報

この七夕祭りの期間中に特別にライトアップされる名所をご存知ですか?仙台といえば有名武将・伊達政宗の聖地ですね。

その政宗の墓所「瑞鳳殿」がこの時期特別にライトアップされます。

この「瑞鳳殿七夕ナイト」はとても幻想的な雰囲気の瑞鳳殿が見られるチャンスなので、歴史好きの方もそうでない方も一度は訪れてみるといいですね。

そんな「瑞鳳殿七夕ナイト」の実際の様子はYouTubeの動画で見ることができます。

瑞鳳殿へはJR仙台駅前からバスで行くことができます。
(JR仙台駅から仙台市観光ループバス「るーぷる仙台」に乗車し、「瑞鳳殿前」で下車します。るーぷる仙台の一日乗車券があると観覧料が割引されますので、持っている場合は必ず提示しましょう。)

 

まとめ

・ 2016年の仙台七夕まつりの開催期間は、2016年8月6日(土)、7日(日)、8日(月)です。
・ 前日の8月5日には「仙台七夕花火祭」も開催されます。
・ 花火見物の穴場スポットは「青葉城址」や「青葉区川内澱橋(よどみばし)通」です。
・ 伊達政宗の墓所「瑞鳳殿」もこの時期ライトアップされますので、一度足を運んでみるのもいいですね。

仙台といえば牛タン、笹かまぼこ、七夕祭りですね。グルメも観光も思いっきり楽しみましょう。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031