menu

生活の図書館

今年のお盆はどう過ごす?関東・関西別お盆中の穴場スポット集

odekake2

お盆といえば帰省、お墓参りなどを思い浮かべますが、せっかくの長期休みですからレジャーを楽しむのもいいですね。

でも有名な観光地は混雑していて疲れちゃう…

どこか混雑していないレジャースポットに行きたい…

そう思っているあなたのために、お盆に行くのにぴったりな比較的混雑していない穴場スポットを選んでみました。

参考にしてみてくださいね。『関連記事2016年のお盆休みの期間はいつからいつまで?~新しい祝日も増えます~

 

【スポンサードリンク】

 

混雑していないスポットを探すコツとは?

遊びに行くなら、なるべく人が少ないところへ行きたいもの。

お盆やお正月の時期なら「都心(関西なら大阪市内や京都市内)」が意外に人が少ない穴場になります。

お盆とお正月は故郷に帰省する方が多いですよね。ですから必然として都心は人が少なくなります。

ただし少ないといってもそれなりに観光客などでごった返すのが都心。

そこで次に重要になってくるのが「目新しいスポットは避ける」ということです。

オープンしたばかりの観光施設や商業ビルなどは避けるのがベターでしょう。

またお盆はまだまだ暑い季節ですので、なるべく涼しげな場所に行きたいですね。

これらを踏まえて、以下にお盆中の穴場スポットをまとめて見ました。

ぜひ楽しいお出かけ計画の参考になさってください。

 

~穴場スポット(関東編)~

1、東京タワー水族館

-shared-img-thumb-P3210413_TP_V

東京タワーに水族館があるってご存知でしたか?

あまり知られてないので、結構空いている穴場です。

ここ最近東京へ来る観光客はほとんどスカイツリーの方へは行きますが、東京タワーまではあまり来ないようです。

魚の種類は約900種、その数約5万匹ととっても豊富。

水族館は夏に行くととても涼しげなので、特にお盆にはオススメしたいスポットです。

授乳室やオムツ替えスペースが充実しているのも小さな子供連れにはありがたいところです。

 

スポット名:「東京タワー水族館」
住所:東京都港区芝公園4-2-8 東京タワー1F
TEL:03-3433-5111(タワー代表)
アクセス:都営大江戸線・赤羽駅から徒歩5分/JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩15分
公式サイト:http://www.suizokukan.net/

 

2、等々力渓谷

70D_a0463

渋谷から電車で20分。思わず「えっ、都心の駅近にこんな爽やかな渓谷があるの!?」と驚いてしまうこと間違いなしの穴場スポットです。

等々力渓谷は大井町線等々力駅の南にある、川のせせらぎがさわやかな渓谷です。

ちょっとした水遊びが楽しめるため、汚れても良い服装や着替え、タオルなどを忘れずに。

また夏場等々力渓谷に行ったなら、ぜひお近くの喫茶店「雪月花」へ立ち寄りましょう。

カキ氷やあんみつなどひんやりおいしい和スイーツをいただくことができます。

n1308979240

疲れた身体に甘味は絶品なので、ぜひ食べたいですね。

また渓谷からの帰りには、二子玉川や自由が丘でショッピングも楽しめます。

 

スポット名:「等々力渓谷」
住所:東京都世田谷区等々力1-22、2-37~38
TEL:03-3704-4972(玉川公園管理事務所)
アクセス:東急大井町線等々力駅から徒歩3分
公式サイト:
http://www.gotokyo.org/jp/tourists/topics_event/topics/130422/topics.html

 

3、日原鍾乳洞

cave-1269339_640

2015年4月にリニューアルオープンした日原鍾乳洞。

以前よりも照明の数が増え、観光しやすくなりました。

鍾乳洞は夏でも涼しく、お盆にはぴったりのスポットです。

ただし滑りやすいので、小さなお子様連れの方は手を繋いでゆっくり歩くなど十分注意してくださいね。

靴などもヒールのあるものは避け、スニーカーなどを履くようにしましょう。

場所は奥多摩ですので都心からは遠くなりますが、とても涼しく夏にはオススメの穴場です。

 

スポット名:「日原鍾乳洞」
住所:東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
TEL:0428-83-8491
アクセス:電車の場合はJR中央線立川駅乗り換え、JR青梅線奥多摩駅下車、西東京バス日原方面行きで「日原」下車。
車の場合は日の出ICから約1時間。
公式サイト:
http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html

 

4、オービィ横浜

yokohama-1180479_640

横浜みなとみらい5階フロアにある「オービィ横浜」

首都圏からのアクセスがとても便利です。

「大自然超体感ミュージアム」と唄っているオービィ横浜。

10年先を行く家庭用ゲーム機を開発し続けたセガの技術と、イギリスの公共放送局BBCが50年間撮り溜めてきた自然ドキュメンタリーの映像が融合した、大自然の様々な迫力ある映像を体感することができます。

巨大なスクリーンに実物大の動物たちが現れる「等身大図鑑 アニマルペディア」に子どもはもちろん大人も大興奮すること間違いなしです。

入場券はお早めにローソンでオンラインチケットを買うのをオススメします。

オンラインチケットは割安で入場することができますし、チケット購入列に並ぶ手間が省けます。

ちなみにみなとみらい周辺には横浜アンパンマンミュージアムもあるので、小さいお子様連れの方はそちらに寄ってみるのもよいでしょう。

小さい子は大喜びすること間違いなしです。

こちらはチケットは当日券のみなので、並んで購入することになります。

もしお盆に横浜方面へ行かれるのならば、ぜひ立ち寄ってみましょう。

(関西にも同じ施設であるオービィ大阪が存在します。こちらは比較的新しい施設(2016年オープン)のため2016年のお盆時期は混み合いそうです)

 

スポット名:「オービィ横浜」
住所:神奈川県横浜市マークイズみなとみらい西区みなとみらい3丁目5-1
TEL:045-319-6543
アクセス:電車の場合、横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」直結JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」から徒歩8分。
車の場合、首都高速横羽線みなとみらいランプより約1分
公式サイト:http://orbiearth.jp/jp/

 

お次は関西の穴場スポットをご紹介します。

 

【スポンサードリンク】

 

~穴場スポット(関西編)~

1、ATC

san-francisco-505853_640

大阪といえば難波や心斎橋(グリコの看板)を思い浮かべる方が多いと思います。

この辺はお盆といえど観光客でごった返して混雑していますので、人ごみを避けるならちょっと中心部から離れた南港エリアまで移動してみましょう。

ATCは大阪の南港エリアにある複合施設で、ショッピングや食事を楽しむことができます。

毎年お盆の時期はキッズ向けイベント(2016年は体験型サーカスイベント)が開催されているので、お子様がいる場合は参加してみるのもよいですね。

海沿いにある施設なので、時折吹く潮風がとても心地良いです。

近くには海遊館(+大観覧車)もあって、遊ぶのには困らないエリアです。

 

スポット名:「ATCホール」
住所:大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10
TEL:06-6615-5006
アクセス:地下鉄中央線「本町」からコスモスクエア駅経由、トレードセンター前駅下車。
公式サイト:http://www.atc-co.com/

 

2、大阪市立科学館

pods-702655_640

参加型展示物やサイエンスショーが充実しており、楽しく科学や宇宙について学べます。

地下には世界最大級のドームスクリーンがあって、美しいプラネタリウムも楽しめます。

キャンプに行って星空を見るのはなかなか腰が重くても、プラネタリウムなら手軽に楽しめますね。

大阪の中心部にあるため、アクセスがいいのも高ポイントです。

 

スポット名:「大阪市立科学館」
住所:大阪府大阪市北区中之島4-2-1
TEL:06-6444-5656
アクセス:地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」3号出口から西へ約500m。
公式サイト:http://www.sci-museum.jp/

 

3、五月山公園

大阪府池田市にある小さな公園ですが、無料の小さな動物園があり、ワラビーやアルパカなどを見ることができます。

走り回れる広場や忍者モチーフの滑り台や迷路などもあり、子供連れファミリーにはとても楽しめる場所です。

お盆の時期は暑いので、帽子、タオル、飲み物を忘れないようにしましょう。

周辺スポットにはインスタントラーメン発明記念館があります。

オリジナルのチキンラーメンを作れたり(チキンラーメン作り参加は小学生以上から)、こちらもなかなか楽しいところですよ。

ちなみに駐車場は有料なので、大阪市内からは阪急に乗って来るのがおすすめです。

 

スポット名:「五月山公園」
住所:大阪府池田市綾羽2丁目5-33(五月山公園総合案内所)
TEL:072-751-3070(池田市公園管理センター)
アクセス:阪急池田駅から徒歩15分
公式サイト:http://www.ikedashi-kanko.jp/recommend-spot01.html

 

4、イングランドの丘

淡路島に行くなら「淡路島ファームパーク イングランドの丘」にはぜひ行きましょう。

小動物との触れ合い、面白遊具、トマトの収穫体験などもできます。

また夏にはバーベキュー体験がオススメです。手ぶらで食べることができます。

淡路産のおいしい玉ねぎをぜひ味わってみてください。絶品ですよ。

(肉にはあまり期待しないでください 笑)

ここも基本的には屋外施設ですので、帽子を忘れないようにしましょう。

 

スポット名:「淡路ファームパークイングランドの丘」
住所:兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
TEL:0799-43-2626
アクセス:中国自動車道・阪神高速洲本ICから約13分
公式サイト:http://www.england-hill.com/

 

~まとめ~

・ 混雑していない穴場スポット探しは「目新しくない」ところを探すのがポイントです。
・ できたばかりの施設、よくCMをしているスポットは避けましょう。
・ お盆の時期は涼しげな水族館や鍾乳洞といった場所がオススメ。
・ 基本的に屋内施設は冷房が効いていて涼しいため、混みあう傾向にあります。
・ 屋外施設は結構穴場ですが、帽子や飲み物、タオルなどを忘れずに。

どんな場所でも友人同士や家族で楽しめればそこが穴場スポットです。お盆のレジャー、楽しい思い出をいっぱい作れますように。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年7月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31