menu

生活の図書館

星に願いをこめて|七夕に願い事をする理由・短冊の書き方について

milky-way-1096827_640

7月7日はご存知「七夕」の日です。

日本でこの「七夕」がなぜ行われるようになったのかは、以前の記事「織姫と彦星|物語の由来と現在の七夕の関係とは」でご紹介しました。

中国で行われていた現代の七夕に当たる行事が日本に伝わって、その後広く一般に普及していったためです。

有名な「織姫と彦星の物語」も中国から伝来したものなのです。

今回は以前の記事で書いた「七夕に願い事をする理由」にもうちょっと補足をつけ、また「七夕飾りの意味」「面白い願い事」などについて取り上げていきたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

七夕に願い事をするようになった理由とは?

 

・もともとは中国の行事が由来

sewing-955333_640

七夕に願い事をするようになった理由は、以前の記事「織姫と彦星|物語の由来と現在の七夕の関係とは」でも取り上げましたが、簡単にまとめますと

・ 古代中国には織姫彦星伝説にちなんで
7月7日の夜に針仕事が上達するように星に願う
「乞巧奠(きこうでん)」という行事があり、
これが奈良時代に日本に伝わる。

・ その後「乞巧奠」は梶の葉に和歌を書く行事として定着する。
江戸時代の頃になると、習い事の上達を願って
短冊に願い事を書き笹の葉に吊るすという
今の「七夕」の風習に変化した。

 

このことから、七夕のお願い事には「字が上手になりたいです」というような「芸事・習い事の上達の願い」をするのがいい、ということも以前の記事で書きました。

またこうしたお願い事以外に、短冊に「七夕」「天の川」「織姫」「彦星」など単語を書いて吊るしているのをよく見かけますが、「字の上達を願って短冊を吊るすようになった」という短冊の由来を考えると、なんだか納得できますね。

短冊で習字の練習をすることで字の上達を願ったのでしょう。

 

・「七夕(たなばた)」の由来「棚機女(たなばたつめ)」について

七夕に願い事をするという習慣は上記のように中国から伝来した風習が変化したものですが、では「七夕(たなばた)」という言葉の由来(語源)は何なのでしょうか。

「七夕(たなばた)」の語源は「棚機女(たなばたつめ)」という言葉だといわれています。

「棚機女」とは「古事記」に出てくる言葉で、「機織の手動機械を扱う女性」のことを指します。

khadi-233573_640
「古事記」によれば、棚機女と呼ばれる女性は天から降りてくる水神に捧げるための神聖な布を織るために「棚造りの小屋」へ籠もって、俗世から隔離された状態でひたすら機を織っていたそうです。

古来の日本にはこのような「棚機女」の習慣があり、そこへ中国から「織姫彦星伝説」が伝来しました。

この伝説の中に出てくる「織姫」「棚機女」が似ていたために人々の間で「織姫彦星伝説」は広く伝わり、やがて「たなばため」という言葉が「七夕(たなばた)」として進化して、現在の七夕の習慣が生まれました。

 

七夕のお願い事が叶いやすくなる為に こんな書き方をしてみよう

 

 ・ より願いが叶いやすくなるための工夫

tanzaku

短冊に願いを書くときに、よりお願い事が叶いやすくなるような工夫というものがあります。その一部をご紹介しますね。

 

その1.お願い事に合わせて短冊の色を選ぶ

童謡「たなばた」の中で「♪五色の短冊 私が書いた~」と歌われていますが、この何気ない「五色の短冊」にもきちんと意味があるのをご存知でしょうか?

この「五色」とは「緑(または青)・赤・黄・白・紫(または黒)」の事を指します。

この五色は中国の陰陽五行説(簡単に言うとこの世のものはすべて木・火・土・金・水の5つの要素で成り立っている、という思想)に基づいた考え方で決められているそうです。

そしてそれぞれの色には以下のような意味が込められています。

五行 意味
(青) 木/仁 徳を積む・思いやる
火/礼 上下関係・先祖への感謝
土/信 信頼・誠実
金/義 義務・正義
(紫) 水/智 学問・知識

学業の成績アップを願うなら「黒(紫)」の短冊、家族の健康を願うなら「赤(先祖への感謝)」など、お願い事のテーマに近い色の短冊を選んで書いてみるのもいいですね。

 

その2.お願い事の文章の書き方

短冊にお願い事を書く時は

・ 必ず「私は~」「僕は~」などの主語を入れる。
「~しています。」「~できました。」「~になりました。」などの過去完了形を入れる。

こうすることで強く潜在意識に願いをインプットでき、実現力が高まります。

例としては

「僕は水泳で3級になりました。次は2級を目指します。」

「私は英検3級の勉強をしています。絶対に合格します。」

などといった感じでお願い事を書くといいでしょう。

こうした短冊の書き方の一工夫は願い事が叶う効果を絶対に保証するものではありませんが、「これだけしたんだからきっと叶うはず」という意識が潜在意識(無意識)の中で働き、人生にプラスの効果をもたらしてくれるかもしれません。

 

【スポンサードリンク】

 

・実はそれぞれに意味があります。 笹につける飾りの意味とは

・短冊
一番ポピュラーな飾りですね。どの笹にも必ず付いている飾りです。
お星様に願いを届けるための飾りで、お願い事を書いて笹に吊るします。
できればお願い事に合わせた色の短冊にかくことでお願い事が叶いやすくなる…かもしれません。

・紙衣

折り紙で作った着物の飾りを「紙衣」といいます。
「棚機女」の習慣で触れたように、神様に織った布を捧げる風習がかつての日本にはありました。

この儀式を簡略化し折り紙で着物を作って飾るようになったのが、「紙衣」です。
高いところに飾ってあるのも神様に布を捧げる風習の名残なんだそうですよ。

・投網、網飾り

折り紙を細かく切って網状にした飾り物です。

これは「投網」や「網飾り」と呼ばれるもので、漁に使う網を模した飾りです。
投網を使うと魚がたくさん取れることから、魚や作物がたくさんとれますように、また転じて幸福がたくさん捕まえられますように、といった願いが込められています。

特に海に近い町の七夕飾りでは多く飾られるそうです。

・屑篭(くずかご)

飾り物を作り終えた後に出る裁ちくず、紙くずなどを拾い集めていれるためのかごも飾り物になっています。

ものを粗末にしない、倹約の心が育ちますようにという意味が込められてるそうですよ。

・吹き流し

仙台の七夕祭りの象徴ともいえる「くす玉+吹き流し」の組み合わせのほかに、星の飾りに吹き流しがついているものや、ちょうちんについたりしているものも見かけますね。

この吹き流しは織姫が使う「糸」をあらわしています。

つまり吹き流しには「織物や裁縫の上達」の願いが込められているそうです。
そよそよと風になびく吹き流しはきれいですが、そうした意味があるのですね。

・巾着

昔はお財布といえば腰に巾着をぶら下げていました。

そのため七夕飾りにも巾着を飾り、節約・貯蓄ができますようにという願いを込めたそうです。
ちなみに巾着の紐はしっかりと結ばれておりますが、「無駄使いはダメ」という作り手のメッセージが込められているのかもしれません。

・折鶴
tsuru_origami

笹にはよく折鶴が飾られているのも目にします。

家の長老の年の数だけ鶴を折り、長生きを願う意味が込められています。

鶴は「長寿を象徴する鳥」として古来から親しまれています。そのため鶴を模した折鶴に人々は健康や長寿といった願いを込めるのでしょう。よく病気の方のお見舞いにも千羽鶴を折りますよね。

七夕飾りを作る時は、こうした飾りの意味を考えながら作ってみるのもいいですね。

 

 ・ 思わずクスリと笑っちゃう、面白いお願い事をご紹介

cat-294120_640 (1)

「七夕のお願い事は自身の技術向上を願うもの」ということは以前の記事でも書きましたが、実際の七夕祭りで飾られているお願い事は実に多種多様です。

個人的にもその時自分の叶えたい願いを素直にそのまま短冊に書くのがよいと思います。

ここでは実際に短冊に書かれていた思わずクスリと笑ってしまうようなお願い事を少しだけご紹介してみます。

「毛が生えますように」…子どもからお父さんへでしょうか。切ないです。
「おじいちゃんがカエルになりますように」…それでいいんでしょうか。
「野々村議員が号泣しませんように」…時事ネタはどうしても笑ってしまいます。

「七夕 お願いごと」というワードで調べると面白いネタが書かれた短冊画像がたくさん出てきて、ついつい笑って眺めてしまいます。気づくと結構な時間が過ぎてしまうので要注意です。

 

~まとめ~

・ 七夕の夜にお願い事をするのは中国からの由来。
・ 短冊に願いを書くようになったのは日本独自の文化。
・ 短冊へ願い事を書くときには「主語」と「言い切りの過去完了形」を入れると良い。
・ 短冊のお願い事に特に決まりは無いので、ネタに走るのも良いでしょう。

「短冊を書くのは1人何枚まで」という決まりも無いですし、自分で短冊と笹を買ってきてたくさんいろんなことを書いて飾るのもいいのではないでしょうか。(短冊や飾りを作って物干し竿にぶら下げている方もいましたが 笑)

七夕の夜は星にいろいろなことを願ってみましょう。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930